生姜湯は風邪の症状によっては逆効果?生姜湯の作り方(レシピ)もご紹介

merunaga-banner

寒い季節には生姜湯がおすすめですよ^^

なぜなら、生姜は体を芯から温める効果があるからです。

ただし、風邪の症状によっては生姜湯が逆効果になることもあります!

生姜湯の作り方と共に、生姜湯の効果的な飲み方をご紹介しますので、下を読んでみてください。

スポンサーリンク

生姜湯の作り方

まずは、生姜湯の作り方の動画を発見したのでご紹介しますね^^

blog-ranking-banner

簡単に文字起こしをさせて頂きます。

【生姜湯を作る際に、準備するもの】

  • 生の生姜:70グラム
  • 吉野くず:50グラム
  • お水:1.5リットル

これで、コップ10杯分の生姜湯が出来ます。

まずは、生姜をタワシでよく洗います。

洗った生姜はざるなどに移し、日光に当てて乾かします。

乾かす時間は、1時間くらいです。

吉野くずは、測ったあとに少しずつ水を入れながらで溶きましょう。

いっぺんにたくさんの水を入れるとダマになりやすいので、少量の水を少しずつ入れて溶くと良いでしょう。

そして、用意しておいた1.5リットルの一部(3分の2くらい)のお水をお鍋に入れて、熱して一回沸騰をさせて、沸騰させたら火を止めます。

次に、生姜を皮のままおろし器で、全部すりおろしてしまいます。

生姜は皮のまま使うというのがポイントです。

このすりおろした生姜は、生姜のエキスだけを使います。

そこで、用意しておいた1.5リットルの残ったお水(3分の1くらい)をすりおろした生姜の中に入れます。

そして、この生姜とお水の入った液体を布巾やガーゼなどで絞り、生姜のエキスだけを絞り取ります。

ボールの上に、布巾やガーゼを置き、そこに先ほどの生姜の入ったお水を入れて、布巾やガーゼをギュッと絞り、生姜のカスからエキスを絞り取ります。

エキスだけになった生姜汁を、火を止めてあるお鍋に入れます。

そして、溶かしておいた吉野くずもお鍋に入れます。

全部入れたら、火を中火にして、完全に沸騰するまで待ちます。

強火にすると、お鍋の底が焦げる可能性もあるので注意しましょう。

沸騰したら魔法瓶などに入れて完成です。

スポンサーリンク

生姜湯のおいしい飲み方

生姜湯はそのまま飲んでも良いですし、コンソメスープの素なんかを入れて、スープとして召し上がるのもおすすめです。

生姜湯で、紅茶やハーブティーを出したり、はちみつを入れて飲むのもおすすめの飲み方ですよ^^

昨日Facebookで、喉に良いはちみつ「マヌカハニー」の記事がシェアされたタイムラインが流れてきました。 マヌカハニーとはい...
最近、喉の健康に関することばかり書いていますが、今日はスロートコートについて書いてみたいと思います^^ スロートコートは、ある...

風邪の症状によっては生姜湯がダメな場合もある

さて、風邪を引いた時におすすめだと言われている生姜湯ですが、どんな風邪にも効くとはかぎりません。

その情報源となる動画を発見したので、こちらをご覧ください。↓


風邪には、体が冷えて引き起こる症状と、体の中に熱がこもって引き起こる症状があります。

体が冷えて引き起こる症状は、

  • 悪寒がする
  • 熱がない
  • 鼻水がサラサラ

などがあげられます。

こういう方は、体を温めるという方向で治療をしていくと良いでしょう。

この場合には、生姜湯は体を温めるので、ぜひオススメです!

体の中に熱がこもっている症状は

  • 熱がある
  • のどが痛い
  • 激しい咳

などがあげられます。

この場合に体を温める生姜湯を飲むと、余計に体が熱くなって苦しくなります。

こういう場合には、体の熱をとって行く方向で治療すると良いでしょう。

ですが、氷の入ったお水を飲むのは止めておいた方がよく、トマトやバナナ、緑茶などがおすすめです。

いかがでしょうか^^

生姜湯はどんな風邪の症状にも効くわけではないのですね。

生姜湯のおすすめの飲み方など、ぜひ参考にしてみてください☆

関連情報↓

https://www.moto-utaite.com/vocal-health/jinjya-shiroppu/

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2