咳喘息の原因と治療法/完治する方法とは?

merunaga-banner

sekizensoku-genin-tiryou

冬になると咳が出て、そこから咳喘息になってしまう方がおられます。

歌を歌う人や声を使う仕事をしている方は、いったん咳喘息になってしまうと、咳が止まらなくなり、本当につらいですよね。

咳喘息の原因はいったいなんなのでしょうか?治療法はあるのでしょうか?

咳喘息を完治するヒントや方法を掴みたい方は、下をご覧ください。

スポンサーリンク

喘息と咳喘息

関連記事↓
https://www.moto-utaite.com/now/pm2-5/

私は、小さいころ喘息持ちでした。

喘息はヒューヒューゼェーゼェーという呼吸音が聞こえるくらい、肺が中に空気が通らず苦しいものです。

スポーツを初めてから喘息はなくなったのですが、風邪をひいたり、冷たく乾燥した空気の中にいると、なぜだか咳が出てきて、それが咳喘息っぽくなることもあります。

歌を歌う時にこの咳が出たりすると、ものすごくしんどいですよね。。

私は専門家ではありませんので、咳喘息の原因や治し方はわかりません。

ですが、とても役に立つ動画があったので、アレンジをしながら文字起こしをして、ご紹介させていただきますね。

blog-ranking-banner

咳喘息の原因と治療法

咳と咳喘息。今ちょうど風邪を引く人も多くなってきており、秋というのは咳喘息の人が増えています。

秋は台風が来るシーズンです。台風の気圧の差によって、咳喘息の方は悪化することがあります。

咳喘息というのは、喘息の一歩手前みたいな概念ですので、台風の気圧の差、温度差によって引き起こされやすくなります。

また、夏に増えたダニが秋に死ぬことによって、そのダニの死骸が風によって舞ってしまいますから、人間の身体に悪影響を及ぼしアレルギーを引き起こします。

最近は、喘息まではいかないのですが、その一歩手前の咳喘息の方が増えています。

この咳喘息という概念は、元々、欧米で発表され、最初は6名だったのですが、その報告人数がどんどん増えて、日本でも徐々に増えてきて、長引く風邪の中でもっとも多いのがこの「咳喘息」ということです。

風邪であればウィルス性ですので、2週間以内に自分の免疫で治ります。

ところが2週間以上咳が長引いた場合は、風邪ではない何かの原因があります。

もちろん、レントゲンなどを撮って、結核や肺炎、ガンなど比定しなくてはいけないのですが、レントゲンなどで大きな病気がない時に疑うのが、この咳喘息ということです。

喘息と咳喘息の違いは、

気管支喘息ですと、ゼェーゼェーヒューヒューして、呼吸困難になってしますが、

それに対して、咳喘息は咳だけが主症状になります。

咳喘息は、咳が激しく続き、咳が止まらない症状が出てきます。

咳喘息はアレルゲンでも反応しますし、風邪の後に(呼吸器感染症、いわゆる風邪やインフルエンザ)気管支が敏感になってしまって、咳が残るのです。

この場合、2~4週間、長ければ2~3ヶ月くらい咳が残ります。

この咳喘息の治療法は、喘息と同じ治療(吸入ステロイド)をすることによって咳を止めることができます。

咳喘息は、年齢には関係なく誰でもなる可能性がありますので、風邪を引いたあとは気をつけることが必要です。

風邪やインフルエンザのようにうつることはないのですが、アレルギーの体質によっては遺伝により咳喘息にかかりやすくなります。

咳喘息になりやすい環境

咳というのは、気管の中の痰や、外から入ってきた異物(ウィルス)などを外に出す反射、いわゆる防御反応なのです。

ですので、咳が出るのを無理に止めるようなことはしないで、咳と共に異物を出さなくてはいけません。

咳喘息は、普段じっとしていると出ないのですが、しゃべったり笑ったりする刺激で咳がでたりとか、エアコンや電車のような空気の変わるところで(例えば、ラーメンの湯気やお風呂の湯気などでも)咳が出てしまうようになります。

その他、夜中や明け方など、交感神経・副交感神経のバランスが変わるところでも咳き込んでしまうようです。

例えば、患者さんの中で香水を付けて来られた方がおられ、その人が来た途端、他の患者さんが発作性の咳になってしまった例もあり、匂いや空気の温度の急激な変化がある時には、特に注意が必要です。

発作性の咳は、咳き込み始めると止まらないという特徴があり、20~30秒、長ければ2分間くらい止まらない方もおられます。

そして、その激しい咳のために肋骨が折れてしったり、肋骨が打撲してしまう方もおられるようです。

スポンサーリンク

咳喘息と肺年齢。吸入ステロイドの副作用について

元々、欧米で咳喘息の症例として6つの症例が上がったのですが、喘息ではなく咳喘息だと判定された理由を書いてみます。

元々は喘息だと思った人が検査(典型的な肺の検査:肺活量の検査)をしても、喘息持ちの患者のような肺の数値(1秒率)が出ず、またはいくら息をしてもゼェーゼェーヒューヒューしない、咳だけがメインの喘息ということで、この「咳喘息」が認知され始めました。

1秒率とは、息を吐く力なのですが、なかなか人に説明しずらいのもあり、日本呼吸器医学会では肺年齢という形でも出しています。

喘息の方や咳喘息の方は、この肺年齢が実年齢よりも高くなっていますので、ビックリして治療をされる方もおられます。

肺年齢が、実年齢より18歳以上高くなると、咳喘息または気管支喘息の可能性があります。

ある女子大生の咳喘息の方は、肺年齢95歳と出た例もあります。

  • レントゲンを撮っても異常はない
  • 2ヶ月間ずっと咳が続く
  • 咳止めを飲んでも治らない

ということでした。

この咳喘息は、咳喘息が発見される前から合ったとは思いますが、ここ最近はこの症状の方が増えているのは間違いありません。

吸入ステロイドで治療が出来るといいましたが、

ステロイドを、飲み薬や注射で使った場合には、

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 骨粗相症
  • 免疫が落ちる

など、副作用がたくさんあり、あまり印象が良くないものと思われがちです。

ですが、吸入ステロイドの場合は、ステロイドをパウダー状にしたものを吸い込むもので、肺の中(気管)にしか効きません。

気管の炎症を取る作用しかありません。

ただ、吸入ステロイドを吸ったあとにうがいをしないと、声が枯れたりする副作用はありますが、全身的な副作用はないので安心です。

咳喘息の方が吸入ステロイドで治療すると、だいたい2週間で咳込み具合が半分くらいになります。

1ヶ月も経てば、咳が取れていきます。

咳喘息の検査の仕方とおすすめの運動方法


咳喘息かどうかの検査の仕方をご説明したいと思います。

元々、咳喘息じたい、日本人の10%は咳喘息になる要素を持っています。

咳喘息かどうか判定するのは、まず問診をします。

咳が出だすと止まらない、喋ったり笑ったり、エアコン・冷房、電車、湯気など、ちょっとした刺激で咳き込まないか?などの問診がすごく重要です。

次に、血液のアレルギー検査をします。

アレルギーの素因があるかどうか、またはアレルギーでハウスダストや花粉・カビ・昆虫など100項目以上あるのですが、そういうものにアレルギーがないかどうかを調べます。

次に、1秒率を測る肺機能検査をします。

肺活量というものは、

  • 年齢
  • 身長
  • 性別

によって、予測式というものがあるのですが、それによって肺活量が出てきます。

同じように、1秒量というものは、1秒間に吐く息の量を言います。

ただ、1秒量では一般の人がわからないため、呼吸器医学会では別に肺年齢というものを作っています。

タバコなどを吸う方は、この数値が非常に悪く、実年齢と肺年齢の差が何十歳も開いている場合が多いです。

その逆に、肺に良いのは水泳です。

というのも、咳喘息や喘息の方は、気管支が弱く、ちょっとした刺激で咳き込みますので、外を走ると冷たい空気や乾いた空気が直接からだの中に入ってきます。

私たち人間は、入ってくる空気を口の中で湿度を上げて、温度を上げて気管の中に入れているので、乾いた空気や冷たい空気がそのまま気管に入らないようにしているのです。

なので、口を空けてハーハー息をしてしまうと、乾いた空気や冷たい空気が直接気管の中に入ってくるのです。

ですが、水泳ですと、湿った空気、特に温水プールだと暖かい空気が入ってきますから、すごく気管に優しいですし、水泳は呼吸筋を鍛えるのに最適です。

呼吸筋を鍛えるといえば

呼吸筋を鍛えるといえば、先日の記事で書かせて頂きましたが、マスクをして軽くランニングするだけでも良いですよ^^

マスクをしていると、冷たい空気や乾燥した空気が気管に入りにくいですし、肺活量もアップします!

咳喘息も喘息の一種なので、この方法で肺活量をアップさせて、自然治癒をしてみてはいかがでしょうか?

https://www.moto-utaite.com/vocal-health/haikaturyou-kitaekata/

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2