声帯結節(喉にできるポリープ)

merunaga-banner

声帯結節や喉にできるポリープは、ボーカリストの健康状態で一番気をつけなければいけない喉の病気です。

過度の声の出しすぎによって引き起こる症状で、プロのボーカリストやシンガーもこの声の病気で手術をしたりしていますよね。

いったい声帯がどのような状態になってしまうのでしょうか?詳しくは下をご覧ください。

スポンサーリンク

声帯結節・ポリープ様声帯の恐怖

プロのシンガー、ボーカリストにとって、この声帯結節やポリープ様声帯というのは、甘くみることのできない病気です。

なぜなら、声を商品としている人達にとって、歌えなくなることは職業としての死を意味するからです。

blog-ranking-banner

声帯結節・喉にできるポリープについて、シンプルに説明されてある動画があったので、ご覧ください。↓

動画の内容を要訳して書いてみると、、

声帯ポリープとは、声帯が炎症を引き起こしてできる腫瘤(こぶみたいなもの)です。

原因は、大声を出し過ぎたりする声の乱用と言われています。

発声とは、咽頭にある声帯という帯状のヒダが振動することによって起こります。

この声帯に、こぶみたいな腫瘤(ポリープ)ができてしまうことを、声帯ポリープと言います。

急激な発声や無理な発声など、声帯に負荷をかける発声が誘因となって、声帯粘膜の血管がやぶれ、その声帯粘膜に内出血を引き起こすことでポリープができてしまうと考えられています。

主な原因は過度の発声です。

声を酷使する仕事や、喫煙者に多くみられます。

病院に行って、見極めてもらうことが必要な疾患としては、

  • 声帯結節(せいたいけっせつ)
  • ポリープ様声帯(ぽりーぷようせいたい)
  • 声帯嚢胞(せいたいのうほう)
  • 咽頭肉芽種(いんとうにくがしゅ)
  • 喉頭癌(こうとうがん)

などが挙げられます。

ということでした。

スポンサーリンク

声帯を摘出した芸能人

最近では、ハロープロジェクトのプロデューサー「つんく♂」さんが、咽頭癌で声帯を摘出されました。

ちなみに、ポリープにも良性と悪性があるようで、ガンは悪性のポリープです。

つんく♂さんが、声帯を摘出する前の声を聞いてみてください。↓

声帯にポリープができると、このような声になるのですね。。

声帯を摘出して以降は、喋ることができなくなります。

実は、私の父方の祖父も、病名は違いますが、声帯を摘出する手術し、喉に穴を空けている状態です。

喋ろうとすると、シューシューという息漏れの音しかしません。

声帯を摘出すると、そういう状態になってしまうのですね。

声帯結節ができないようにするために

私も、過去に歌いすぎて声帯が通常の倍以上に肥大していたことがあります。

ボーカルを始めた当初、私はハイトーンボーカリストとして練習を重ねていましたが、とうとう喉を壊してしまいました。 私が喉を壊した理由はた...

そのような状態にならないように、声を出す仕事をしている方は、喉を大事にされてください。

先日、喉が枯れない声の出し方をご紹介しましたが、それでも喉を壊す場合もあると思います。 私も今まで何度も声が出なくなるくらいま...
先日「喉に良い食べ物」をご紹介させて頂きましたが、今日は、声帯や喉に良い飲み物を書いてみたいと思います。 歌を歌う人にとって良い飲み物...
先日、「某ボイストレーニング教室様と打ち合わせ」の記事を書かせて頂いたのですが、その時の話しの中で「良い声を出すためには、健康が一番...

病院に行って、喉に何も異常がないのに、声のガラガラが治らないという方は、、掲示板でもお問い合わせでも良いので、ご連絡をください。

何か力になれることがあるかもしれません。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2