パワーブリーズで横隔膜を鍛える!

merunaga-banner

歌を歌うときに、重要なのが持久力です。ハアハアゼエゼエ息切れしながら歌っても安定しませんよね。

そこで今回ご紹介するのがパワーブリーズです。

皆さんはパワーブリーズというものをご存知でしょうか?詳細を下に書いてみましたので、興味のある方は読んでみてください。

スポンサーリンク

パワーブリーズを知ったきっかけ

先日、スロートコートを知ったきっかけがB’zのドキュメント映像だと言いましたが、実は、このパワーブリーズもその「B’z メガヒットの秘密~20年目のB’z~」というNHKの番組を見て知りました。

稲葉さんが、何か赤い吸入器みたいなものを口に咥えて、スーハースーハーしていました。

取材者が、「それなんですか?」って聞くと、

「あ、これ、横隔膜を鍛える道具なんです。トライアスロンをやっている人とか使ってるみたいなんですよね。」

と稲葉さんは答えていました。

それを見た私は、すぐに検索エンジンで

「稲葉 横隔膜 鍛える 赤」

みたいなキーワードで探したら、それがパワーブリーズという商品だということが判明し、すぐさま購入しました^^

blog-ranking-banner

横隔膜を鍛えるツール「パワーブリーズ」の効果

パワーブリーズの効果や特徴を教えてくれる動画があったので、ご覧ください。↓

パワーブリーズは、横隔膜を初め、呼吸に必要な筋肉の強化ができるようになるよう設計されてあるそうです。

パワーブリーズは、緑と青と赤の3種類があり、

  • 緑=お年寄りでも使える軽いタイプ
  • 青=健康を目指して運動している人が使う通常タイプ
  • 赤=呼吸器官をハードに使っているプロが使用するタイプ

という3タイプに分かれています。

稲葉さんが赤のパワーブリーズを使っていたということもあり、私も赤を買いましたw

このパワーブリーズは、口に咥えて呼吸をするだけなのですが、あえて吸う時に負荷をかけさせます。

そうすることで、空気を吸う時の横隔膜の動きが鍛えられて、楽に空気が吸えるようになるということなのですね。

喘息持ちの方とかは、緑や青から始めるとかなり楽に呼吸ができるようになるのではないかな~?と思いました^^

スポンサーリンク

パワーブリーズの使い方

パワーブリーズは、下の方にメモリがあり、そのメモリで吸う時の重負荷を調節できます。

一番軽いメモリは、口をすぼめて息を吸ったり吐いたりしているくらいの負荷がかかります。

一番重いメモリは、一般人では息が吸えないくらいの負荷があり、「誰がこんな負荷かけてやるの?」と思ってしまうくらいでした^^;

メモリを適当に設定したら、口に咥えて、鼻から空気が漏れないように指で鼻を閉じて、口で息吸ったり吐いたりを30回繰り返します。

それを1日あたり2回ほど繰り返します。

これだけで良いんですね。

パワーブリーズを使った感想・これで歌が上達できる?

私の考えを書くと、息切れをしにくくはなりますし、楽に空気を吸うことができるようになりますが、パワーブリーズで歌が上達するか?と言われると、Noです。

ただ、呼吸は格段に楽になりますので、ハアハアゼエゼエになると歌えなくなる人は、リラックスして呼吸ができる分だけ安定した歌唱はできるのかな、と思います^^

>>楽天で販売している赤のパワーブリーズはこちら

>>楽天で販売している青のパワーブリーズはこちら

>>楽天で販売している緑のパワーブリーズはこちら

Amazonでもパワーブリーズの値段を比較してみるとできるだけ安く買えますよ^^↓

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2