喉を壊したかな?と思った時の応急処置と治療法

merunaga-banner

nodokowashita-oukyuusyochi

先日、喉が枯れない声の出し方をご紹介しましたが、それでも喉を壊す場合もあると思います。

私も今まで何度も声が出なくなるくらいまで練習をしてきた中で、喉がやばくなった時に応急処置の方法を探してきました。

今日は、私なりの喉を壊した時の応急処置の方法をお教えします。

声帯が炎症を起こしてしまった場合どのような治療をすれば良いのでしょうか?下記をごらんください。

スポンサーリンク

声帯が炎症を起こしたら

喉がおかしいな、声が出しづらいな、と思った場合、下記の喉の状態によって応急処置の方法を変えてみてください。

blog-ranking-banner

レベル1:声の出しすぎ

いつもは調子よく声が出ているのに、今日だけは練習しすぎて声が枯れたという時の応急処置です。

  1. できるだけ声は出さない
  2. オリーブオイルをスプーン一杯飲む
  3. スロートコートを入れて常時ちびちびと飲む
  4. ゆっくり睡眠を取る

翌日の調子をみて、喉の枯れが直っていなかったら、また1~4を繰り返してみてください。

この処置で数日の間に治れば問題ありません。

>>スロートコートやオリーブオイルの効果に関してはこちらに書いてあります

スポンサーリンク

レベル2:風邪

風邪で喉をやられて、声が出なくなる時がありますよね。

そのときも、喉が炎症を起こしていて、粘膜が非常に危険な状態になっています。

そういう時は、声を出して声が枯れているわけではないので、応急処置の仕方が違います。

  1. できるだけ声を出さない
  2. フルーツをたくさん食べる
  3. ゆっくり寝て体力が回復するのを待つ

体にエネルギーや免疫力を高めるような処置をしたほうが風邪は治りやすいでしょう。

フルーツは即効性のエネルギーになりますので、風邪じゃない時、普段の歌う直前にもおすすめです。

レベル3:常に声が出しづらい声の枯れ方

この場合は、育ってきた環境とか生まれつきという場合もありますが、そうではなく、

「以前は普通に声が出ていたのに、最近はどうも声がかすれて出しづらい」という場合です。

これは非常に危険です。

声帯結節、喉にポリープができている可能性もあります。

そういう時の応急処置としてはこちらになります。

  1. 耳鼻咽喉科に行って声帯の状態をカメラで診察してもらう
  2. 異常があれば先生の言うとおりに治療していく
  3. 異常が無ければレベル1の方法で治療していく

喉は気づいた時には手遅れになっている時があります。

最近、すぐに声が枯れて歌えなくなるな~という方は、一度、耳鼻咽喉科に行って診察してもらうことをオススメします。

まとめ

喉が壊れた時の応急処置はすごく大事ですが、ボーカリストは喉を壊さないように、しっかりと日々喉をケアしていく必要があります。

先日紹介した喉に良いサプリメント「ミスティックエナジー」は、マグネシウムとリンゴ酸、ビタミンという喉に良い成分が入っているので、実は日々の喉のケアとしても必要な成分なんですね。

喉を壊さないよう、くれぐれもケアをおこたらないでください。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2