ニコ動の歌い手が次々とメジャーデビューする裏側に潜むものとは

merunaga-banner

nikodou-utaite-mejya-debyu

ニコニコ動画の歌い手って、よく「今度メジャーデビューします!」みたいな話しってよくありますよね。

実はそこには、芸能界、プロダクションやレーベルの裏事情があります。

それはいったいどのようなことなのでしょうか?興味がある人は下記をご覧ください。

スポンサーリンク

コストをかけずにCDが売れる

urabanasi-matome

この話しは、ニコニコ動画の歌ってみた、弾いてみて、踊ってみたの界隈ではとても有名なお話しです。

その界隈ではあるあるネタみたいになっていますが、今日は、ニコ動関連の事情をまったく知らない人に向けて役に立つ情報として書いてみようと思います。

blog-ranking-banner

プロダクションやレーベルは、お金を産むアーティストを常に発掘しています。

なぜなら、お金を産むアーティストがいなければ、会社の事業が成り立たないからです。↓

私はメジャーデビューこそできませんでしたが、ある程度メジャーの歌手がどれくらいの待遇かがわかっていました。 歌手というのは、いったい業...
オーディションには「歌手」や「モデル」や「声優」や「舞台」や「映画」など、様々なオーディションがあります。 ですが、うわさでは...

お金を産むには、たくさんのファンが必要です。

プロダクションやレーベルは、昔はライブハウスなどで活動している、ファンが多く付いているバンドを発掘していましたが、ニコニコ動画が流行り始め、歌ってみたで大量の再生回数やマイリストを保有している歌い手に目をつけ初めました。

もともと、ニコニコ動画でアップロードする音源のほとんどが、音楽が本当に好きで「手伝うのにお金なんかいらないよ」という人達が集まって作られる音源ですから、プロで活動しているスタジオミュージシャンや、エンジニアも使う必要がありません。

かと言って、ニコニコ動画で活動しているMIX師や弾いてみたの人達に、スタジオ・ミュージシャンや本格的なエンジニアのような高額なお金を払う必要もありません。

ということは、本物のプロを使うよりもかなり安くの音源を作れるわけですね。

しかも、もともとファンが付いていますから、確実にCDが売れます。

育てる手間もコストもかけずに、最初からある程度の売上が見込めます。

プロダクションやレーベル側にとってみたら、こんなヨダレで出るようなオイシイ話はないんですね。

そういう背景があり、ある程度の再生回数やマイリストを獲得している歌い手は、よくメジャーデビューするという現象が起きているのです。

スポンサーリンク

その現象は歌い手にもオイシイ話しなの?

ただし、そのメジャーデビューした歌い手がそれだけでご飯が食べていけるかどうかというのは別の話しです。

プロダクションやレーベルの中には、ヤ◯ザと密接な関わりがある会社や、詐欺まがいの契約を平気でするような会社も存在すると聞いてきます。

メジャーデビューの話しを持ちかけ、

「メジャーで活動していくために必要な育成をしていく」

ということで月額や年会費として高額なレッスン年会費をローンで組まされたりする話しもよくあります。

一度契約すると、絞れるだけ絞ってポイされることは、よくある話しです。

しかも、契約が解除された後は、そのミュージシャンが再起できないような契約になっている話しも、芸能界あるあるネタとしてよく聞きます。

メジャーに行く歌い手は何に気をつければ良いの??

芸能界とは、個性が人気を集め、お金を産む世界。

その個性を操って、できるだけ低コストでお金を産ませ、大きなリターンを求める世界です。

まずは、そのことを理解しておくべきです。

それを理解しても芸能界に飛び込みたいのなら、

  • 土台となる芸能の実力
  • 契約書を読みとく目
  • 自分の自由を確保できる交渉力

が必要です。

悪いプロダクションやレーベルは、自分がコストをかけない代わりに相手にそのコストを持ってもらおうとします。

でも、そのことを読み解けなければ、理不尽な契約をさせられていることもわからずに捺印をしてしまい、歌い手生命を終わらせます。

ですが、契約書を読み解く目と、自分の自由を確保するための交渉力を持ってさえいれば、歌い手生命が終わってしまうことを防ぐことだけはできます。

ただ、それでも、お金を産めなくなったあなたを食べさせるほど、プロダクションやレーベルは甘くないです。

お金を産めなくなったら、ポイされます。

それでも歌い手としてひと花咲かせたいのなら、勉強のために一度経験してみるのも、1つ人生でしょう。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2