歌練習に録音は最適!録音で歌上達への手がかりを掴む

merunaga-banner

uta-rokuon

よく、歌を上達するには、自分の声を録音した方が近道だということを言われます。

私も同じ意見です。

そして、録音するなら、良い出来と悪い出来の違いを客観的にアドバイスしてくれる人が必要です。

その根拠は何なのでしょうか?録音で歌上達したい方は下を読んでみてください。

スポンサーリンク

ニコニコ動画などで活動している人は必見!

boitore-yarikata-matome

ニコニコ動画などで活動している歌い手を目指している方は、自分の声の魅力の無さに嫌気がさしている人も多いと思います。

私も昔、初めて自分の歌を録音した時に、冷や汗が止まらないくらい、その場から逃げ出したいくらい、自分の声の違和感に打ちのめされました。

みんな最初はそんなものです。

なので、私が書いた過去の記事でも、何度も何度も録音して、自分の声に違和感が無くなるまでPDCAサイクルを回すしかないということをお伝えしています。↓

曲を練習する時、歌を上達させる時には、練習の方法があります。 それはどうやって練習したら良いのでしょうか? 先輩のプロのミュージ...

blog-ranking-banner

私は、何度も何度も録音を繰り返して上達して行きましたが、

「プロの方に聞いてもらって、声のアドバイスをしてもらえたら、もっと上達は短期間でできただろうな」

ということを、後から気づきました。

なぜなら、プロのレコーディング現場には、プロ意識で仕事をするエンジニアがいるからです。

エンジニアは「自分の作る作品を最高の音源にしたい!」と思いながら仕事をしています。

それなのに、ボーカルが下手くそだったら、妥協せざるをえなくなりますよね。

ですから、ボーカルに

「ここはこういう雰囲気で歌ってみて」とか

「ここはこうじゃなくて、もっとこうだよ」とか

現場でアドバイスをしてくれるのです。

そうすることで、かなり良い音源が出来上がりますし、ボーカルもヒントを与えてもらうことでかなりのスキルアップができます。

なので、ボーカルの技術を本当に磨きたかったら、ただ練習するだけではなく、プロと同じ環境でのレコーディングで歌うことをおすすめします。

スポンサーリンク


例えば、こちらのボイストレーナーの方は、プロのレコーディング環境でのボイストレーニングをされています↓

レコーディング専門のボイストレーナーをされておられる高岡兼時さんのボイトレ教室「録音ボイストレーニング教室」をご紹介します。 ニコニコ...

ただただ、

録音して→聞いて→自分でチェックして→改善して→また録音して

という練習を繰り返すよりも、本格的なプロの現場の雰囲気で繰り返しやった方が10倍上達するのが早くなります。

実際に、私はそういう経験をしているので、本当におすすめの歌上達法です。

録音で歌を上達したいという方は、体験レッスンを申し込んでみてください!!

>>杉並区(荻窪)にある「録音ボイストレーニング教室」

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2