タングロール(タングトリル)


merunaga-banner

先日、「リップトリル(リップロール) 」について書いてみましたが、今日はもうちょっと難しいタングトリルについて書いてみようと思います。

なかなかできないタングロール(タングトリル)。

いったいどういうコツを掴めばタングロール(タングトリル)ができない領域から抜け出せるのでしょうか?

下に私なりのタングロール(タングトリル)のやり方のコツと効果について書いてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コツと効果/できない方はやり方をご覧ください

boitore-yarikata-matome

参考:
プロのボイストレーナーはタングロールをしない場合も多々あります。何が正しいか間違っているかをより客観的に判断するには、プロに情報をもらうことも必要です。

>>ボイトレ本・教材ランキング

>>ボイトレスクール案内所【声トレ比較】

タングロール(タングトリル)をやる事によっての効果は、

  • 舌をマッサージし、舌の力を抜く事ができる
  • リップトリル(リップロール)では刺激できない部分(声帯周辺)の筋肉を刺激する

などです。

blog-ranking-banner

※ここで豆知識

舌に力が入っていると、喉に余計なアウターマッスが関与しているという証拠です!

鏡を見てください。舌に力が入っている人は、歌っている時に下がへこんだり、変に押しあがったりしています。

リラックスした状態の舌というのは、舌の歯の内側全部にビタ~っと舌がくっついて、形状は平(少し弧を描いてますが)に近い綺麗な形をしています。

筋肉でコントロールできるものではありませんので、タングロールで舌の力を抜く練習をしましょう!

さて、タングロール(タングトリル)のやり方は、まず唇を軽く開きます。

発音で言うと、英語のUHの発音です。

口をすぼめてウーではないですよ!

RUNとか、FUNとかのアの発音に近いです。口を軽く開けてアーです。

これはできるだけ余計な力を加えない口の開け方という意味でUHの発音が適しています。

口の中は、舌先を上の部分に当てる事により、空気の出口をなくします。

それで発声すると、わずかな空気がリラックスした舌を押し出る事によって、舌先が連続して上の部分の張り付く事を繰り返します。

↓音はこんな感じになります↓

下あご全体や、首周り、声帯周辺や声帯自体が振動し、マッサージされている感覚を味わいましょう。

これもできるだけ息の量を減らし、舌の振動を「パタパタパタ」と柔らかくゆっくりやってみましょう。

できるようになりましたか??

できるようになったら、下の練習に移ってみましょう。

スポンサーリンク

タングロール(タングトリル)の高音と低音

では、リップトリル(リップロール)の時と同じように、一番低い音から、ファルセット気味になっても良いので一番高音まで持っていき、そしてまた一番低音まで下がっていく練習をしましょう!

↓このように↓

高くなるにつれて息の量も減らしていきますが、タングロール(タングトリル)が止まらないように気をつけましょう。

高音に行っても声帯周辺が振動する感覚を見失わないようにしましょう。

このタングロール(タングトリル)は、リップトリル(リップロール)と違って手で支えてあげる事ができないので、習得まで時間がかかると思います(汗)

でも、意外とどこでも練習できるので、時間をかけてやってみてくださいね。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2