声門閉鎖のための閉鎖筋を鍛える方法とは

merunaga-banner

seimonseisa-seisakin

ボイストレーニングのお勉強をしている方は、声門閉鎖という言葉を聞いたことがあると思います。

息漏れ声にならないようにするためには、閉鎖筋を鍛えてベストな声門閉鎖をしながら発声すると、声に張りが出て通るようになります。

声門閉鎖の感覚を掴むための、閉鎖筋を鍛えるトレーニングはあるのでしょうか?私がやっていた方法を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ベストな声門閉鎖での発声とは?

boitore-yarikata-matome

声門閉鎖の感覚を掴むことは、息漏れ声(例えばファルセット)から芯のある音を出すためには、必須の課題です。

声門閉鎖の感覚と書きましたが、あまり閉鎖しすぎても声帯に負荷がかかり過ぎてしまい、かと言ってゆるゆるだと空気が抜けてしまうだけになります。

blog-ranking-banner

声門閉鎖を、ゆるい順から5段階で表すとこのような感じです↓

  1. 声帯が閉じずに息だけが漏れている状態
  2. 微かに声帯が閉じた息漏れ声の状態
  3. 声帯に最低限の呼気圧がかかって息漏れのないベストな状態
  4. 声帯を閉じるのに特殊な力を入れ呼気圧にも通常よりパワーが必要な状態
  5. 呼気圧で声帯を通らないくらい声帯を閉じた状態

歌唱技法で用いられる声門閉鎖は、2・3・4などでしょうか。

2の声門閉鎖の状態は、ファルセットや、ウィスパーボイスなどに使われます。

先日、掲示板でファルセット(裏声)について質問がありました。 そこで、ファルセットや裏声の出し方について今日は書いてみたいと思います。...
昨日まで「ホーミー」や「デスボイス」、「シャウト」、「ハイトーンボイス」など、特徴的な発声の仕方をご紹介していましたが、今回も特徴的と言えば...

3の声門閉鎖の声門閉鎖の状態は、ボイストレーニングの基本として教えられます。

一番ベストな状態です。

スピーチボイトレから歌のボイトレまで、幅広い教室で3を基準にレッスンされます。

4の声門閉鎖の状態は、かなり特殊な技法を用いる際に使われるようです。

ハードロックやヘヴィーメタル、デスメタルやラウド系などでよく用いられます。

シャウトやデスボイスも、と呼気圧のバランスは強めで、慣れれば声を枯らすことなく出せるようですが、慣れるまでが至難の技だと思います。

伝統的なモンゴルのホーミーは、初めて習う人はかなり咳き込むくらい特殊な声門閉鎖するらしいですね。

モンゴル民族の伝統的な発声方法にホーミーと呼ばれるものがあります。 私の友達がモンゴルのホーミーの大会で優勝した方からホーミーを習って...
昨日、「デスボイス(グロウル)とガテラルについて」という記事を書いたのですが、今日は、シャウトやスクリームについて書いてみようと思います。 ...

https://www.moto-utaite.com/uta-jyoutatu/desuboisu-gurouru/

スポンサーリンク

閉鎖筋を鍛える方法

息漏れ声の癖が抜けずに、声門閉鎖の感覚を掴めない方に必要なのは閉鎖筋を鍛えることです。

閉鎖筋を鍛えるにはエッジボイスを練習すると良いでしょう。

エッジボイスは、最低限の呼気圧で声帯をぷるぷるぷると振動させる感覚を掴むには本当に良いトレーニング法です。

エッジボイスをやり始める際に、まずは低音から練習して感覚とコツを掴む方が良いでしょう。 低音のエッジボイスが出せるようになると、高音も...
発声をする際にエッジボイスで高音域まで綺麗に出せるようになると、裏声のファルセットでしか出せなかった音域が地声の響きで発声できるようになりま...

ベストな声門閉鎖を瞬時に出すのにおすすめの方法は、下記のエッジボイスでスタッカートを切りながらやるトレーニングです。

エッジボイスの音階トレーニングをやることで、音程が取りやすくなります。 今回はそれを反復練習するための音階トレーニングをご紹介します。...

エッジボイスは、ベストな声門閉鎖の感覚を掴むにはとても良い方法です。

ベストな声門閉鎖ができれば、小さな呼気圧で芯のあるしっかりした振動が得られますので、しっかりやっておくと良いでしょう。

その振動が

  • しっかり胸郭に共鳴しているか
  • しっかり鼻腔に共鳴しているか

などを感じながら響きの感覚を掴むと、倍音のある声もマスターできます。

ヴォーカルをやっていた時に、よく「倍音を意識して歌ってみろ」というアドバイスを先輩から頂いていました。 その頃、あまり音楽用語...

ぜひベストな声門閉鎖の状態をマスターしてみてください^^

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2