喉を開く練習方法

merunaga-banner

nhodowohiraku

声を太くしたい。声量を増したい。そんな人が良く調べるのが喉を開く練習方法です。

喉を開くことができれば、確かに声は太く、声量も増します。

喉を開く練習方法とは?コツはあるのでしょうか?下に書いて見ましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

無理に喉を開くのはダメ!

boitore-yarikata-matome

参考:
間違った喉の開き方をすると、逆に喉を痛めてしまいます。正しく出来ているかを判断するためにはプロに学ぶことをおすすめします。

下記を参考にプロのボイストレーナーを探してみてください。

プロが出しているボイトレ教材のおすすめはこちら

ボイトレスクール案内所【声トレ比較】はこちら

喉を開けば声量が増す、喉を開けば声が太くなる。高音でヒョロヒョロ声になるところを喉を開けばどうにかなる。

そう思っている人、いませんか?

ですが、間違った開き方をすれば、喉まわりのアウターマッスルにガッチガチに力が入り、逆に喉に大きな負担をかけることになります。

先日、「ベルカント唱法」について書いたのですが、この歌唱法もリラックスした状態で喉を開きます。

オペラなどを歌うためにマイクいらずの声にしたいのならベルカント唱法はマスターした方が良いでしょう。

ですが、ベルカント唱法はあなたの目的に沿った歌い方ですか?

あなたの歌いたい歌、出したい声はベルカント唱法の声ですか?

そうなんです。目的に沿った声の出し方をするのに、必ずしも喉を大きく開くことが絶対ではありません

blog-ranking-banner

喉を開くコツを掴むイメージトレーニング

さて、上記の目的に沿った声を出す重要性の注意点を促したところで、軽く喉を開くコツをご紹介します。

発声をするときに喉を開くことで、鼻腔共鳴、胸郭共鳴を響かせやすくな、声量も増しますし、共鳴して倍音が大きくかかれば声も太くしっかりとしたものになりやすいです。

さて、その喉の開く方法ですが、イメージが大事です。

声はイメージの仕方でガラッと質が変わります。

先日の「お腹から声を出すには」という記事でも書かせて頂きましたが、

まず、

丹田→横隔膜→声帯→頭の天辺

に、まっすぐな一本の筒があるイメージをしてみてください。

グニャグニャ曲がるホースではなく、まっすぐな筒です。

その筒は、通常だと直径5cmです。

その5cm筒のイメージを直径10cmまで広げ筒の下部(丹田)から上に向けて声を出してみてください。

声、太くなりませんか?

お腹から声はでませんが、これがよくボイストレーナーが伝えようとしている、喉を開いてお腹から声を出している状態です。

スポンサーリンク

低音・高音ともに喉を開く感覚

低音、高音ともに喉を開くには、先ほどの筒を10cmに広げた状態のイメージで、筒のどの部分に響かせるかが重要です。

低音を太く響かせたいなら、筒のラインの胸や横隔膜の周辺に響かせるようにします。(これはチェストボイスでも説明しましたね。)

ミックスボイス(ミドルボイス)の音域を響かせたいなら、筒のラインの鼻やおでこの周辺に響かせると良いでしょう。

裏声の一番高いところを響かせるには、筒のラインの頭のてっぺんに響かせるようにします。(頭に響かせるのでヘッドボイスと呼ばれています。)

いかがでしょうか?

筒を太くするイメージで全然違ってきますよね^^

喉を開くということは、こういうイメージで簡単にできちゃいます。

最初にもお伝えしましたが、必ず自分の出したい声に近づけることを意識しながら、必要な分だけ喉を開いて声を出してみてくださいね。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2