ミックスボイスで力が入る(力む)のを防ぐ/力を抜く練習法

merunaga-banner

前回の記事ではミックスボイスで咽頭を上下させて音の感覚を掴むトレーニングをしました。

今回は、ミックスボイスで力が入る(力む)ことをしないためのトレーニングです。

力を抜くミックスボイスの練習法とはどのようなものなのでしょうか?下を参考に練習してみてください。

スポンサーリンク

力みがとれてようやくパワーのあるミックスボイスが出る

boitore-yarikata-matome

参考:
しっかりと力みの取れた発声法をする場合、事故判断は危険です!プロのボイストレーナーの知識も取り入れて、客観的に出来ているかどうかを判断することをおすすめします。

>>ボイトレ本・教材ランキング

>>ボイトレスクール案内所【声トレ比較】

今回は地声と裏声の中間(喚声点)をつなぎ、完全なるミックスボイスを手に入れるためのトレーニングの続きです。

前回にも増してトレーニング数が多いので、一苦労かと思いますが、ここできちんとやっておくと、どんどん上手くなっていきますのでしっかりやっていきましょう。

そして、前回も言ったとおり、このアウターマッスルが関与する前回の記事と今回の記事に関しては、
ⅠができるようになったらⅠをやめてⅡへ、
ⅡができるようになったらⅡをやめてⅢへ、

と、できるようになったらすぐにやめて次へ進んでください。

アウターマッスルが関与するのがクセ付かないように、短期間に集中して終わらせるのがベストです。

そして、トレーニングする前、または歌う前にはアウターマッスルが関与するのを和らげるために、軽いストレッチや、「リップトリル」「タングロール」のウォーミングアップをしてから声を出すようにしましょう。

では、ミックスボイスのトレーニング続き、行ってみましょう!!

blog-ranking-banner

Ⅰ・空(うつ)ろな声を出すトレーニング①

前回の後半のトレーニングと同じように、ほんの少しだけ咽頭に負荷をかけ、咽頭を下げます。

高音で喉が絞まらないように空ろな声を出します。

喚声点の付近では自然と鼻腔に響が生じると思います。

喉を下げて声を出す事ばかりにとらわれていると、喉声になってきますのできをつけてください。

自然と響く方向へ流れるように持っていきましょう。

高音域では、ほんの少しだけアゴを落とします。

アゴを落とす事で突っ張っていたアゴ下の筋肉の力みがなくなり、空間を確保できます。

高音になるにつれて息の量を少なくしつつ、空ろな声を出す事により、今まで押し出る空気で声帯が持ち上がっていたのを抑える働きがあり、それによっていままで咽頭を少し力を入れて下げていたのが、そこまで力むことをしなくても咽頭を下げる事が可能になります。

「高音で多少息漏れしたり声が弱くなっても、初めから終わりまで滑らかにつなげる事」を目指していきましょう。

では、「Oo」、「Oh」、「Uh」、「Ee」、「Ay」の発音をやっていきましょう。

※発音を英語で書いている理由は、発音の力を入れないようにするためです。

「Oo」は、footやbookの発音でお馴染みの、軽く口を閉じて「ウー」です。日本語の「うー」よりも力を入れずに発音できます。

「Oh」は、洋楽を聴いている時にたまに聴こえる「Oh yeah!」の「オー」です。

「Uh」は、runやfunのような口を軽く開けて「アー」です。

「Ee」は、seeやsweetのように軽く「イ-」です。

「Ay」は、sayやplayのような感じで「エーィ」です。

これらの発音が日本語の母音に近い発音であるある事はおわかりですよね?

日本語は、非常に力の入りやすい発音ですので、トレーニングでこの発音を使う事により、力が余り加わらない母音の発音に少しづつ変わっていくと思います。

スポンサーリンク

では、まずは見本をご覧ください。

「Oo」

「Oh」

「Uh」

「Ee」

「Ay」

では、皆さんも同じように5つの発音をトレーニングしてください。

スケールトレーニング①

Ⅱ・空(うつ)ろな声を出すトレーニング②

ここでも前回と同じように、少しだけ息混じりの声にします。

次は、スケール違いの練習です。

スケールが違うのにも意味があります。

Ⅰでは、上がって下がるだけの一番簡単なスケールでしたが、ここでは、上がって少し音を伸ばし、そしてまた下がります。

その音を伸ばす時に、自然とビブラートがかかるのであれば、ビブラートを止めないでください。

自然にかかるビブラートを止めると、力が入る原因となります。

ビブラートがかからない人は、音を伸ばす所でなるべく力を抜くように意識してやってみてください。

音を伸ばす所が、喚声点の付近に差し掛かった時に、声がひっくり返らないように、息の量を少なくしていきましょう。

喉をかすかに下げるコツが掴めた人は、喉から手を離してもかまいません。

では、見本をどうぞ。

「Oo」

「Oh」

「Uh」

「Ee」

「Ay」

では、皆さんも同じように5つの発音をトレーニングしてください。

スケールトレーニング②

Ⅲ・空(うつ)ろな声を出すトレーニング③

ここでも前回と同じように少し息混じりの声にします。

ここでのスケール練習の大きい音程差は、音を開放する能力を高めます。

始めの音でプレッシャーから開放されれば、次の音で声帯の調整が容易になります。

ただ、力を抜くことをやりすぎるとファルセットになってしまうので、ファルセットにならないように気をつけながらやってみましょう。

トレーニングでやっている息混じりの声と、ファルセットは、音では区別がつけづらいと思いますが、滑らかに強い声に返られるのが今のトレーニングでやっている息混じりの空ろな声で、強い声に変えるときに声がひっくり返ってしまいそうになるのがファルセットです。

声を出してみるとわかるように、先ほどの二つは、出し方が全然違います。

では、まず見本をどうぞ。

「Oo」

「Oh」

「Uh」

「Ee」

「Ay」

では、皆さんも同じように5つの発音をトレーニングしてください。

スケールトレーニング③

いかがでしたでしょうか?

難しいとは思いますが、地声と裏声が繋がる感覚がつかめれば終了でOKです。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2