腹式呼吸と胸式呼吸の違い/楽にできる腹式呼吸

merunaga-banner

kokyuuhou私は、「歌を歌う」、「声を出す」ということの基礎の基礎として空気の吸い方の意識を変えて行きました。

ここでは、このボイストレーニングをやるにあたって、一番楽な呼吸法を書いていきます。

後々、良い声を出すために、腹筋の操作で横隔膜を操作する時や、リラックスする時などで役に立ってきます。

ぜひ意識して出来るよう、下記を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

発声の呼吸法(空気の吸い方)について

boitore-yarikata-matome

皆さんもご存知の通り、ボイトレの本や運動や自己啓発などによって様々な呼吸法があります。

それは、どこをリラックスさせて、どこに力をいれて、どのようにイメージして、など、様々です。

blog-ranking-banner

まず、説明しなければいけないのは、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」

ボイストレーニングでは、その2つがあり、どちらが良い、どちらが悪いということをご存知の方も多いと思います。

「胸式呼吸」も「腹式呼吸も」どちらも、肺に空気を入れて呼吸する事にかわりはありません。

何が違うのかというと、「胸式呼吸は」肺を肋骨(前)の方に押し出して呼吸する方法です。

「腹式呼吸」は、肋骨を押し出さず、肺を横隔膜(下)の方に押し出して呼吸する方法です。

ボイストレーニングの世界では、なぜ「腹式呼吸」の方が良いのかと言われているのかいうと、

  • 呼吸する時(特に声にアタックをつける時)に胸や肩の筋肉が持ち上がらないので、意識して肩首周りをリラックスできる。
  • 「胸式呼吸」だと、声を出すときに重要な横隔膜を腹筋でコントロールしづらい。

など、の理由で、腹式呼吸が良いとされています。

ここで、重要な事なポイントを1つ!

スポンサーリンク


呼吸だけにそんな全神経を注ぎ込む必要は全くありません!

歌にはもっと大事な事があります。山ほどあります。

なので簡単で楽な方法を一つだけ知っておいてくださいね。

では、空気を吸う時ですが、お腹全体をリラックスさせ、スッと背中や腰に空気を入れるイメージで空気を吸います。

ギューっと破裂するようには入れません。スッと軽くです。

歌を歌う時に、そんなに多くの息の量は必要ありませんからね。楽に吸いましょう。

ここで、口で吸うのか、鼻で吸うのかというのがありますが、どちらでも良いです。

鼻呼吸の方が、声帯が乾きにくく、リラックス効果もあるという理由で、鼻呼吸をする人もいれば、口呼吸でなければ楽に吸えないという理由で口呼吸の人もいます。

ただ、吸うときに、脳にスーっと酸素を送るイメージをしましょう。

お花畑で深呼吸するような気持ちです。(酸素は脳にいれて、空気は腰や背中にいれて)←これもイメージ。

これがリラックスできる空気の吸い方ですので、是非今後生かしてみてください。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2