ボイトレを自宅する時の防音対策

merunaga-banner

jitaku-bouon

先日、掲示板に「ボイストレーニングの方法、自宅では何をやるのがベスト?」という質問がありましたが、今日は自宅でどうしてもボイトレをしたい方のために、どんな防音対策があるのかを書いてみたいと思います。

ボイストレーニングを自宅でする時に、有効な防音対策はあるのでしょうか?下記をご覧ください。

スポンサーリンク

歌の練習をする時の自宅の防音

boitore-yarikata-matome

私は過去、アパートやマンションに住んでいながらどうやってボイトレをして行くか?どうやって防音をするか?を考えて来ました。

なぜなら、しっかり防音が上手く出来ていなくて、隣の部屋から苦情が来たりしたからなんですね(笑)

業務用の卵の下敷きが防音で良いと聞いていて、アパートに住んでいた時に、それを壁中に貼って歌の練習をしてみましたが、アパートってそんなんじゃ全然防音できません。

その後、色々試した結果で完璧に防音をできる方法をランキング形式で書いてみようと思います。

blog-ranking-banner

1位:マンションの角部屋に引越す

お金はかかりますが、一番てっとり速いのは、角部屋、もしくは両隣に部屋がないタイプの部屋に引越すことです。

(お金に余裕があれば、アップライトのピアノが弾ける防音タイプのマンションに引っ越すのが一番良いと思います。)

マンションは、アパートと違って鉄筋コンクリートで出来ており、分譲タイプのマンションだと、壁がかなり分厚く作られています。

角部屋を選ぶときもポイントがあって、部屋がとなり合っていない方に、小部屋もしくはお風呂場、もしくはトイレがあるのが条件です。

角部屋で尚且つ、隣に歌の練習をする音が漏れないようにするためには、その条件が絶対に必要です。

お風呂場でさえ、配管を通して、上下の階にいる人に少し聞こえてしまいます。

せめて、隣の部屋には聞こえないようにしてボイトレ時のクレーム対策をしましょう。

スポンサーリンク

2位:防音ブースを買う

多少お金がかかりますが、引越すことを考えると防音ブースを買う方がコストがかかりません。

良いものは20~30万くらいしますが、安いものは数万円で購入することができます。

家賃を節約するために実家などの一軒家に住んでいる場合は、防音ブースがコスパが良いと思いますよ!

>>1番品質の高い防音ブースはこちら

>>2番目に品質の高い防音ブースはこちら

>>3番目に品質の高い防音ブースはこちら

これら3つは、パネルは同じで、使うパーツの数を増やして遮音性を強化している部分に違いがあります。

Amazonでは、こういう防音ブースも売ってありました↓

このくらいの値段で防音ブースが購入できるのは、さきほどの本格的な防音ブースよりかなりお得ですよね!

引っ越すお金がないという方は、ぜひ防音ブースを試してみてください。

3位:遮音カーテンと突っ張り棒で自作

僕は、音楽活動をやっていた時期はお金がなかったため、【遮音カーテン】と【極太突っ張り棒】で自作の防音をやっていました。

突っ張り棒は、遮音カーテンが重いと少しずつ突っ張れなくなってくるので、突っ張り棒の下の部分に大きめのピンをさしてズレてこないように補強していました。

遮音カーテンはこちら↓

極太突っ張り棒はこちら↓

ただ、やっぱりカーテンはカーテンです。

カーテンと天井、または床に隙間があるため、ボイトレの近隣へのうるささは、ボリューム10からボリューム8に減るくらいです。

あまり効果は見込めそうにありません。

まとめ

近隣へのうるささをボリューム10からボリューム3以下に下げるには、やはり引っ越すか防音ブースかのどちらかをオススメします。

ボイトレを自宅でしたり、歌の練習やレコーディングなどを自宅でする時って、近隣からのクレームにビクビクしていると、思いっきり力を発揮できないですよね。

ぜひ、このランキングを参考に自宅での防音対策をやってみてください^^

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2