JAYE公山(ジェイこうやま)さんの「高音ボイストレーニング教材」がすごい!

merunaga-banner

kb-top1

ヒット曲を何曲も出しているアーティストのボイストレーナーを勤められたことのあるJAYE公山(ジェイこうやま)さんが出した高音ボイストレーニングの教材が、以前から気になっていたので2015年5月に購入しました。

中身をしっかり理解し、トレーニングも実際にやってみましたので、レビューをしてみたいと思います。

ニューヨーク「アポロ・シアター」でグランプリを獲得したJAYE公山(ジェイこうやま)さんの高音ボイストレーニング教材の中身はいったいどのような内容になっているのでしょうか?

JAYE公山(ジェイこうやま)さんのボイストレーニングが気になっている方は下のレビューを読んでみてください。

本物が教える高音ボイストレーニング方法とは!

現在このボイストレーニング教材は、【エンタテイメント部門】の売れ筋ランキングでトップクラスに入るくらい売れている教材です!

※この教材を購入する前に気になった点

スマホ対応 問題なく見ることができました!
動画でトレーニングできます。
サポート 3ヶ月間の
無制限メールサポートあり!
返金 全額返金保証がついていたので
安心でした!

まず、私がなぜJAYE公山(ジェイこうやま)さんを気になっていたのかと言うと、数多くの有名シンガーのボイストレーナーを務められたということもありますが、ニューヨーク・ハーレムにある【アポロ・シアター】で東洋人初のグランプリを獲得されたシンガーだからです。

※アポロシアターとは、世界中のエンターテイナーが一世一代の勝負をする聖地のような場所です。

私は、このような実力がある人がどのような感覚で歌っているのかを知りたくて、この高音ボイストレーニング教材をこちらで購入しました。

JAYE公山(ジェイこうやま)さんの歌はこちら↓

教材を購入する前にご確認ください【当サイトから応援特典のご案内】
当サイトで紹介している他社様の教材をご購入の方に朗報があります! 教材を購入した方に、当サイトから応援特典をご用意させて頂きます! ...

最初に言っておきますが、このボイストレーニングの内容は、しっかり理解しておこなうことで、そこら辺の教本や教材と同じボイストレーニングメソッドの比較できないくらい、即効性を期待できます。

2017年2月 追記:

実は、この教材を買ったあとに、私はジェイ公山さんのボイストレーニングセミナーにも参加し、本当にこのボイストレーニングの効果を体感しています。

もしよろしければ、セミナーのダイジェスト版があるので、ご覧ください。

第1回目の東京ボイストレーニングセミナーのダイジェスト版↓

第2回目の東京ボイストレーニングセミナーのダイジェスト版↓


※注(セミナーの動画は、教材の中には含まれておりません)

しかも初心者でも練習しやすいトレーニングメニューになっていて、なおかつトレーニング前とトレーニング後の違いが、自分でもはっきりわかるくらいになっているということ。

多分、教材を作るのが初めてで試行錯誤されたのでしょう。多少、映像の編集に違和感を感じましたが、それをも帳消しにするくらいに発声の本質をついている教材でした。

私も、発声において何かしらの不安定さがありますが、この教材は発声の基礎力をガチっと固め、不安定さを改善するような働きがあり驚きました。

さて、私の感想もほどほどに、早速【JAYE公山式の高音ボイストレーニング】のレビューをしたいと思います。

まずは、購入した後、URLとパスワードが書かれてあるPDFをダウンロードします。↓(重要な部分はモザイクをかけさせて頂いています。)

kb-infotop-dl

このPDFに記載されているURLに行くと、ログインパスワードを入れるところがあるので、PDFに記載されているパスワードを入力します。↓

kb-login1

そして、ログインをすると、最初のページが開き、メニューのリンクがありました。

メニューのリンク付近を拡大して赤字で書いてみましたのでご覧ください。↓

kb-kaisetu1

このように、カリキュラムが1~9まであり、特典としてビブラートと滑舌トレーニングがあります。

最初にカリキュラム1~4で徹底的に基礎固めをして、5より先をやって行くと効果があります。

メニューは下記の通りです。(リンクをクリックすると、レビューの見出しのところまでスクロールします。)


ガイダンス

ガイダンスというページはこのようになっています。↓

kb-1page

ガイダンスでは、

  • 0-0 ガイダンス
  • 0-1 教材の全体像

という2つの動画があります。

「0-0 ガイダンス」の動画では、JAYE公山(ジェイこうやま)さんが「この教材の目的」と「高い声を出すためにはまず何をやるべきか」の説明をしてくれます。

「0-1 教材の全体像」の動画では、声の仕組みを説明され、

  1. 良い呼吸をすること
  2. しっかりとした声帯を身につけること
  3. 声帯の振動を増幅させるスキルを身につける大切さ

などについて教えてくれています。

アポロシアターで東洋人初のグランプリを獲得したJAYE公山発声ノウハウはこちら

カリキュラム1 呼吸法

さて、呼吸法ですが、こういうページになっています。↓

kb-2page

呼吸法のカリキュラムには

  • 1_1 呼吸法(導入説明)
  • 1-2 呼吸法の実演
  • 1-3 呼吸法のトレーニング

という3つの動画があります。

「1_1 呼吸法(導入説明)」という動画では、このボイストレーニング独自の呼吸法の解説、「この呼吸法をマスターすることで、一気に発声力がアップする」という説明があります。

「1-2 呼吸法の実演」という動画では、JAYE公山(ジェイこうやま)さんがどのように呼吸法をやるのかという説明があります。

「1-3 呼吸法のトレーニング」の動画では、トレーニング実践編です。モデルさん達に合わせてトレーニングをやっていきます。

やってみて思ったことなのですが、このトレーニングでかなり横隔膜が鍛えられます。


カリキュラム2 声帯ストレッチ

次に、声帯ストレッチのページです。このようになっています。↓

kb-3page

このページには、

  • 2_1 声帯の解説
  • 2_2 声帯ストレッチの解説
  • 2_3 声帯ストレッチのトレーニング
  • 2_4 タンロールのトレーニング

という4つの動画があります。

「2_1 声帯の解説」という動画では、「なぜ声帯を鍛える必要があるのか?」「なぜ声帯のまわりの筋肉を鍛えることによって高音が出やすくなるのか?」の説明をされています。

「2_2 声帯ストレッチの解説」の動画では、より声が出やすい喉を作るための声帯ストレッチの解説をされています。

「2_3 声帯ストレッチのトレーニング」の動画では、モデルさん達に合わせて声帯ストレッチをするトレーニングを実践します。

「2_4 タンロールのトレーニング」の動画では、「タンロールをやることでなぜ声帯が鍛えられるのか?」「耐久力のある声帯を作るタンロールはどのようにトレーニングすれば良いか?」の説明がされています。

タンロールのトレーニングは3パターンあり、そのトレーニング法を実演されています。

JAYE公山のアポロシアターでグランプリに輝いた発声法はこちら

カリキュラム3 ブレスタン

次のページは、ブレスタンのカリキュラムになります。↓

kb-4page

このブレスタンのページには下記の4つの動画があります。

  • 3_1 ブレスタンの解説
  • 3_2 ブレスタンのトレーニング
  • 3_3 Man 2音のブレスタン 男性バージョン
  • 3_3 Woman 2音のブレスタン 女性バージョン

「3_1 ブレスタンの解説」の動画では、JAYE公山(ジェイこうやま)さんがブレスタンの解説がをされています。

ブレスタンは、発声する準備であり、発声を容易にするためのものです。

私も、このブレスタンをやって、声をだすときの感覚が明らかに軽くなったのを感じました。

「3_2 ブレスタンのトレーニング」の動画では、1音だけでやるブレスタンのトレーニングをモデルさんに合わせてやります。

「3_3 Man 2音のブレスタン 男性バージョン」の動画では、2音のブレスタンのトレーニングをします。ここは男性バージョンです。

「3_3 Woman 2音のブレスタン 女性バージョン」の動画では、女性バージョンの2音のブレスタンのトレーニングをします。


カリキュラム4 PUSH式発声法

PUSH式発声法のページはこのような形になっています。↓

kb-5page

このページには、

  • 4_1 PUSH式発声法の比較動画
  • 4_2 PUSH式発声法の解説
  • 4_3 PUSH式発声法のトレーニング

の3つの動画があります。

「4_1 PUSH式発声法の比較動画」では、普通の発声とPUSH式発声法の聴こえ方の違いを比較しています。

「4_2 PUSH式発声法の解説」という動画では、さらに詳しいPUSH式発声法の理論を解説されています。

「4_3 PUSH式発声法のトレーニング」の動画では、PUSH式発声法ができるようになるためのトレーニングをします。

このPUSH式発声法ができるようになれば、声帯の振動が増し、声帯から出てくる音が大きはっきりとした音になるのですね。

日本人でもアポロシアターでグランプリを獲得できたJAYE公山発声法はこちら

カリキュラム5 ストレートボイス

さて、カリキュラム1~4までの基礎固めに2週間程度をついやして、基礎がしっかりできるようになったら、ストレートボイスにのカリキュラムに入って行きます。↓

kb-6page

このカリキュラムの動画は、

  • 5_1 ストレートボイスの説明1
  • 5_2 ストレートボイスの説明2
  • 5_3 ストレートボイスの比較動画
  • 5_4 Man ストレートボイスのトレーニング 男性バージョン
  • 5_4 Woman ストレートボイスのトレーニング 女性バージョン

という5つの動画があります。

「5_1 ストレートボイスの説明1」という動画では、人が聞いていて上手に聞こえる歌と、上手に聞こえない歌の違いが解説されています。

歌が上手に聞こえるようにには、まっすぐな声が出るということが必要なのです。

「5_2 ストレートボイスの説明2」の動画では、更に深くストレートボイスをマスターするための解説がされています。

声帯の位置についての説明がとても役に立ちます。基礎をやってきた重要性もここで念入りに説明されています。

「5_3 ストレートボイスの比較動画」では、通常の声と、ストレートボイスをやっている声を比較されています。どういった音が正解なのかがわかります。

「5_4 Man ストレートボイスのトレーニング 男性バージョン」と、「5_4 Woman ストレートボイスのトレーニング 女性バージョン」では、ストレートボイスのトレーニングを実践して行きます。

まっすぐな音を出すことができれば、聞く人にとっては格段にうまくなったように聴こえるので、このトレーニングは徹底的にやっておくべきだと思いました。


カリキュラム6 ソルフェージュ

次に、ソルフェージュのページを見てみましょう。↓

kb-7page

このソルフェージュのページには

  • 6_1 ソルフェージュの説明
  • 6_2 ソルフェージュの解説2
  • 6_3 ソルフェージュのトレーニング

という3つの動画があります。

「6_1 ソルフェージュの説明」という動画では、ソルフェージュの説明、そしてなぜソルフェージュのトレーニングをやって行くのか?が解説されています。ソルフェージュから高音の訓練に入って行くことも伝えられます。

「6_2 ソルフェージュの解説2」の動画では、さらに深くソルフェージュのトレーニングをやる時の注意点や、意識するべきポイントを解説してくれています。

「6_3 ソルフェージュのトレーニング」の動画では、モデルさん達に合わせながらトレーニングを実践して行きます。

ソルフェージュのトレーニングでは、半音ずつしっかり音が出せるように訓練して行く場所になります。ここも徹底的に突き詰めたいところですね。

世界が認めるアポロシアターでグランプリ受賞するボイストレーニング法はこちら

カリキュラム7 オクターブ

オクターブのカリキュラムのページはこのようになっています。↓

kb-8page

オクターブのページは、

  • 7_1 オクターブの解説
  • 7_2 Woman オクターブトレーニング 女性バージョン
  • 7_3 Man オクターブトレーニング 男性バージョン

という3つの動画があります。

「7_1 オクターブの解説」の動画では、オクターブのカリキュラムの意図と、このトレーニングをやる明確な理由が説明されています。

オクターブのトレーニングをやることで、音程がふらつかない状態で、発声の時に一発で音程を合わせられるようになるのです。

「7_2 Woman オクターブトレーニング 女性バージョン」と「7_3 Man オクターブトレーニング 男性バージョン」では、実際のトレーニングをやって行きます。

僕も一発で音程を合わせないところが甘いので、このトレーニングをやってみました。

音が合わせづらい音符の付近を徹底的にやり込むことで、発声の瞬間の音のフラつき感がなくなります。


カリキュラム8 響きのある声トレーニング

響きのある声トレーニングのページは、このようになっています。↓

kb-9page

このページの動画は、

  • 8_1 響きのある声トレーニングの説明
  • 8_2 響きのある声トレーニングの解説
  • 8_3 Woman トレーニング 女性バージョン
  • 8_4 Man トレーニング 男性バージョン

の4つがあります。

「8_1 響きのある声トレーニングの説明」の動画では、人の耳に届きやすい声と人の耳に届きにくい声について解説されています。

響きのあるトレーニングをすることにより、声の周波数を人の耳に届けやすい倍音にするのがこのトレーニングです。

「8_2 響きのある声トレーニングの解説」の動画では、人の耳に届きやすい声と人の耳に届きにくい声を、実際に声を聴き比べます。

そして、なぜそのようになるのか?という理論を解説されます。

このトレーニングをやることによって、声の表情に幅を持たせることができ、歌声に感情を乗せやすくすることも可能なのです。

「8_3 Woman トレーニング 女性バージョン」と「8_4 Man トレーニング 男性バージョン」では、実際にのトレーニングを実践する動画になります。

>>JAYE公山ボイストレーニングの詳細はこちら

カリキュラム9 ダイナミックレンジ

さて、最後のカリキュラム、ダイナミックレンジのページはこのようになっています。↓

kb-10page

ダイナミックレンジのカリキュラムの動画は、

  • 9_1 ダイナミックレンジの説明
  • 9_2 上の倍音を付けるトレーニング(鼻腔共鳴)
  • 9_3 下の倍音を付けるトレーニング(胸郭共鳴)
  • 9_4 3種類の声を出すトレーニング

の4つになっています。

「9_1 ダイナミックレンジの説明」の動画では、ダイナミックレンジ(倍音)についてわかりやすく解説されています。

ダイナミックレンジ(倍音)の大きい声は人の耳に届きやすい声になります。

そこで、このカリキュラムのトレーニングで、ダイナミックレンジ(倍音)の声を出すコツを掴んでいくのですね。

「9_2 上の倍音を付けるトレーニング(鼻腔共鳴)」の動画では、鼻腔共鳴の倍音のコツを掴むためのトレーニングをします。

「9_3 下の倍音を付けるトレーニング(胸郭共鳴)」の動画では、チェストボイスとは違う胸郭共鳴の倍音を掴むトレーニングをして行きます。

「9_4 3種類の声を出すトレーニング」の動画では、鼻腔共鳴→チェストボイス→胸郭共鳴の3種類の倍音を使い分けるトレーニングをします。

私は、このトレーニングに関しては、自分の出しやすい音域ではできるようになりましたが、出しにくい音程ではまだ出来ていません。

自分の出せる全音域でこの3種類の倍音を出せるようになるには、かなりの訓練が必要だと感じました。


特典 ビブラート

さて、特典としてついているビブラートのトレーニング法です。↓

kb-11page

このページの動画は、

  • 10_1 ビブラートの説明
  • 10_2 ビブラートのトレーニング(女性編)
  • 10_3 ビブラートのトレーニング(男性編)

の3つの動画です。

「10_1 ビブラートの説明」では、ビブラートを付けるメリットと、ビブラートの訓練法を説明されています。

ビブラートは、歌声を美しく聞かせるためには、ぜひ取得しておきたいですよね。

JAYE公山(ジェイこうやま)さんのビブラートトレーニングは、ネット上に上がっているような音をわざと上下させるようなトレーニング法ではなく、横隔膜を使ったトレーニング法に近いと思いました。

ですが、このような横隔膜を使ったトレーニング法はネットのどこにもアップされていません。

私も実際にやってみましたが、かなり横隔膜を使うようになって、なかなかおもしろかったです!

>>世界に通用する発声法の詳細はこちら

特典 滑舌トレーニング

特典としてもう1つ付いている滑舌トレーニングのページはこういうふうになっています。↓

kb-12page

このページの動画は、

  • 11_1 滑舌トレーニングの説明
  • 11_2 滑舌のトレーニング(女性編)
  • 11_3 男性編滑舌トレーニングと、補足説明

になっています。

滑舌をよくすることで、日本語が伝わりやすくなり、聞き手にここちよく聞いてもらえるようになります。

母音によって響き方が違うという方ってよくいますよね。

JAYE公山(ジェイこうやま)さんの滑舌鍛錬法は、いくつかの母音に音階をつけて、どの母音も同じように響くようにトレーニングして行く方法になります。

JAYE公山(ジェイこうやま)氏の高音ボイストレーニングの感想

このボイストレーニングは、私にとって、基礎固め再度見直すことができて、安定した響きを手に入れるきっかけになりました。

JAYE公山(ジェイこうやま)氏は、本当によく発声というものを研究されていて、この教材をやっていくにあたって『へ~!そんな理論があったんだ~!!』っていう発見がすごくあって、発声のことについてかなり勉強になりました。

高音ボイストレーニング教材のメリット

この教材が合っている人は、

  • 基礎固めをしっかりやりたい
  • プロのシンガーを目指している
  • 正しい練習をゴリゴリにやって上達したい
  • 実力派のシンガーの発声理論を学びたい

というような人には、かなりメリットの大きい教材になります。

全額返金保証もついていますが、私はこの教材で効果がないとは思えないので、ある意味自信の表れだと思います。

この教材の発声理論は、かなり本質をついているので、その点に関しては大きなメリットがあります。

高音ボイストレーニング教材のデメリット

この教材が合っていない人は、

  • 練習なしで知識だけで上達したい
  • もっと裏技的な遊び感覚がほしい
  • 動画の編集具合の雑さに気を取られて練習に身を入れられない

という方は合わないと思います。

冒頭で説明したように、JAYE公山(ジェイこうやま)さんは、多分教材を作るのが初めてだったのでしょう。動画の編集具合にちょっとだけ雑さを感じます。

ですが、中身は本物です。

その本物に遊び感覚や裏技などは必要ないですし、練習に集中できる人であれば、上達がしっかり実感できるはずです。

JAYE公山(ジェイこうやま)さんにインタビューをした内容

私は、実際にJAYE公山(ジェイこうやま)さんにインタビューをさせてもらったので紹介させて頂きます。

この教材は発声で一番重要なことを伝えています。

高い声を出したくて真っ先にミックスボイスに行く人がいますが、この部分がベースとして出来ていないでミックスボイスをやってしまうとヘロヘロな声になってしまいがちなんです。

私は、この教材を作るにあたり日本にあるすべての教材を自分で購入し中身を見てから、それを上回るように考えながらこの教材を作っています。
ですので、他の教材よりも絶対的に効果が出せるような中身を作りあげたつもりです。

この教材よりも本質的にやっている教材は、この日本にはほぼ無いと思います。

この教材で、ボイトレで苦しんでいる人の助けになれるという自信があります。

ということでした。

本当にこの高音ボイストレーニング方法は、高音だけにこだわっている人には合いませんが、しっかりした基礎の上に高音を作っていきたい人には、かなりオススメの教材になっています。

>>【当サイト限定】JAYE公山の教材購入者に応援特典があります!詳細はこちら

シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2