弾き語りの練習方法/初心者が簡単にできるコツはないのか?

merunaga-banner

hikikatari

私は大学時代、歌でプロを目指そう思った時にまず初めにやろうと思ったのが、ボイストレーニングとバンドとギターの弾き語りでした。

ギターは弾いたことがありましたが、弾きながら歌うというものはそんなに簡単なものではありませんでした。

どうやって、コツを掴んでいったのでしょうか?弾き語りを始めようと思っている方は下を読んでみてください。

スポンサーリンク

弾き語り初心者の時にやったこと

私は、高校時代に多少ギターに熱中していたので、コード進行と、メジャー・マイナーくらいは弾けるレベルでした。

歌をやろうと思った時期に、まずボイストレーニングに通い始め、コピーバンドに加入したりする中、弾き語りも初めてみました。

とりあえず、色々とやってみれば、何だかわからないけどレベルが上がると思っていた時期でした。

blog-ranking-banner

弾き語りを始めようと思った時、まず何につまづいたかと言うと、ギターを弾きながら歌えないということです。

当たり前っちゃあ当たり前ですが、これがなかなかできない。。

例えば、ドラム初心者の人が、両手両足を同時にリズムよく動かせないのと同じ感覚だと思います。

そこで、私がまずやったことは下記の3段階です。

  1. コード進行をメトロノームに合わせて弾けるようにする
  2. コード進行と鼻歌でメトロノームに合わせて弾けるようにする
  3. 歌詞を乗せてメトロノームに合わせて弾き語りをできるようにする

この3ステップで、弾き語り初心者の挫折ポイントはスムーズに突破できると思います。

まずやるべきことは、「コード進行だけでも完璧に弾けるようになろう!」ということです。

練習を繰り返して、やっとコード進行をリズムに合わせて弾けるようになりました。

そこで、歌をいきなり歌い始めるのではなく、歌詞を付けずに「ふんふふ~ん」と、メロディーだけ鼻歌で歌えるように練習しました。

メトロノームに合わせながら、一曲を完璧に弾きながら、鼻歌を歌って行く。

コード進行と鼻歌がメトロームに合わせて奏でられるようになったら、そこでやっと歌詞を乗せるようにするのです。

そうすることで、なんとか弾き語りっぽいことができるようになりました。

コード進行と歌詞とメロディーが完璧に奏でられるようになったあとは、弾き方のアレンジや抑揚を付けることをしながら、ちょっとずつレベルアップをして行きました。

スポンサーリンク

弾き語りをマスターすることでの大きなメリット

弾き語りに関してはやっていて良かったと思います。

なぜなら、コード進行を弾けて、尚且つそれに合わせて歌えることで、作詞作曲をできるようになるための土台になったことは間違いありませんでしたから。

そして、アコースティックギターというのは、言葉を発しないので、言葉の代わりになる音のニュアンスというものを、この弾き語りで学びました。

あとは、楽器と歌がバラバラになる恐ろしさ、かな。。

多分、バンドでボーカルだけしかやったことがない初心者の方は、一度弾き語りをしてみると良いと思います。

弾き語りは、ギターと歌の抑揚や音のニュアンス、そして歌詞が、うまいことからみ合って初めて良い感じに聴こえるんです。

バンド初心者に足りないのは、その感覚だと思っています。

バンドでは、いくつもの楽器が奏でられているんだけど、それぞれが1つになる感覚というのは、弾き語りをやってみると腑に落ちるのかもしれません。

ギター弾き語りレッスン・ピアノ弾き語りレッスン

ここで、おすすめの弾き語りレッスンができる教室をご紹介します。

ピアノ弾き語りのレッスンであれば、東京都豊島区の駒込と、埼玉県新座市の志木にある、こちらの教室がおすすめ!

>>駒込・巣鴨(豊島区)でボイストレーニング!スピーチボイトレ駒込校

>>新座市(北朝霞・朝霞台の隣)のボイストレーニング/ムジカアシード志木校

ギターの弾き語りであれば、ジャズギタリストがボイストレーニングをしてくれて、音楽理論も教えてくれる、横浜市青葉区のあざみ野にあるこちらのこちらの教室がおすすめです!

>>横浜市青葉区(あざみ野・江田)でボイストレーニング!ワンバイブスあざみ野教室

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2