ヘッドボイス

merunaga-banner

一般的には、頭のテッペンに響かせる発声の仕方をヘッドボイスと呼びます。

今日はこのヘッドボイスについて説明してみようと思います。

ヘッドボイスの出し方、練習の仕方とはどのようにするのでしょうか?詳しくは下記をご覧ください。

スポンサーリンク

ヘッドボイスの出し方と練習法

boitore-yarikata-matome

blog-ranking-banner

先日、チェストボイスの出し方のお話ししましたが、チェストボイスの次に知っておいて欲しいのがヘッドボイスです。

ヘッドボイスがきちんと出せないと、次のミックスボイスはマスターできません。

なぜなら、ヘッドボイスの周波数にチェストボイスの周波数をミックスさせなければいけないからです。

なので、しっかり頭に響かせるように意識しながらコツを掴んでマスターしてみてください。

ちなみに、ヘッドボイスのサウンドビームは、頭のてっぺんに向かって出すイメージです。↓

soundbeam3

スポンサーリンク

ヘッドボイスとファルセットは違う

ファルセットのことをヘッドボイスと認識している方が多いのですが、実は周波数は全然違います。

同じ裏声の音域の中にありますが、ヘッドボイスには芯があり、ファルセットには芯がありません。

参考になるYOUTUBEを録音しましたので、聴いてみてください。↓

※ファルセット(裏声)とヘッドボイスの違い

ヘッドボイスはしっかり声帯を閉じた状態で、ごくわずかな空気量で声帯を振動させ、頭のてっぺんに響かせる感覚で出します。

横隔膜から押し上げられてくる空気は声帯でほぼ振動に変わるので、口の前に手をかざしてみても息もれはほとんどありません。

その点、ファルセットは、息漏れをさせたような、ふわっとしたような、あえて芯を入れない発声の仕方になります。

声帯を空気が通るときに空気がどんどん出ている状態ですので、口の前に手をかざしてみると、息漏れしていることがわかるでしょう。

ヘッドボイスからミックスボイス

ヘッドボイスからミックスボイスにするためには、この周波数に、胴体で鳴るようなチェストボイスの周波数を混ぜ合わせるのです。

ミックスボイスの出し方は、また後日ご紹介しますね。

楽しみにしていてください^^

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2