発声時の顎の力み/顎を引くことについて

merunaga-banner

hasseiji-agonorikimi発声の際、よく言われているのが、顎(あご)の力みや、顎を引くことについてです。

どうすれば、発声の時に顎の力みを無くすことができるのでしょうか?

顎を引くとは正確にはどのようなことなのでしょうか?

下記にその点についての私なりの考えを書いていますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

顎の力を抜き、顎を落とす事について

boitore-yarikata-matome

  • 「顎の力を抜く」
  • 「顎を落とす」

このミックスボイスの練習の記事で何回か出てくる言葉です。

この教え方は、ボイストレーナーによって違います。

皆さんの中でボイストレーニングを習った事がある人の中で、「顎を出して歌うのではなく、顎を引いて歌いなさい」と習った事はありませんか?

その理由としては、私もこのサイトに書いているように喉に空間を作るためだと思います。

blog-ranking-banner

顎を出して歌った場合は、筋肉が突っ張っているため、筋肉のリラックスもできないですし、喉の空間が日常喋る時とは違う形になってしまうため、「顎を引く」と教えるのだと思います。

ですが、実を言うと、「顎を引く」という行為は非常に誤解が生まれやすく、「引く」という言葉に「力」が作用しているという意味でレッスン生はとらえてしまっている場合が多いのです。

本当の所は、「顎の力を抜き、アゴを落とす」と表現した方が良いのかもしれないな~と、私は思うのです。

なぜそんなに表現の仕方にこだわるのか?というと、やり方、意識の仕方が全く変わってくるのです。

スポンサーリンク

顎の力を抜くのを体験してみましょう

ではまず、顎の力を抜き、顎を落とすというをやってみましょう。

口の中、一番奥の上下右左(計4本)の歯を意識してみてください。

その四本の奥歯の少し奥に、顎の力をつかさどる筋肉があります。

その筋肉の力を抜いてください。

そのあとに、下あごの力を全部抜いてください。舌唇から舌全体、顎が外れてしまったかのように感じるくらいまで。

どうですか?自然と顎がカクンと落ちませんか?

これが顎の力を抜き、顎を落とすという行為です。

では、次に顎を引くという行為をやってみましょう。

普通の状態で、クイっと顎を引いてみてください。

どうでしょうか?さっきとは、全く違う感覚ですよね?

力で引いているというか、顎の力の抜け具合が全く違います。

このように、見た目では同じに見えても、内側で感じている事は全く別物なんですよね。

余談ですが、発声をする時、上下の奥歯四本の少し奥ですごく響きが得られる発声をする事を心がけると、地声(ナチュラルボイス)とファルセットの違いがはっきりとわかるはずです。

地声は、いくら息混じりの声にしようが、歯の奥に芯のある響きを感じられるはずです。

ファルセットでは、芯のある響きは感じる事ができません。

本当に私の中の感覚ではありますが、これが顎の力みがなくなるきっかけになれば嬉しいです。

スポンサーリンク


シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2