ハミングの練習の効果


merunaga-banner

ハミングはボイトレをやって行く上でとても重要なトレーニング方法の1つになります。

ハミングで練習するメリットは?そして正しいハミングのやり方とはいったいどのようにやるのでしょうか?

下にハミングについての重要ポイントを書いてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

ハミングの発声の正しいやり方

boitore-yarikata-matome

ハミングは、口を閉じで鼻歌を歌うようなイメージを持っている方が多いようですが、実はボイストレーニングをやって行く上でとても重要なトレーニングの1つなのです。

先日、

チェストボイス

ヘッドボイス

ミックスボイス

の記事を書きましたが、この全部でしっかり鼻腔共鳴の響きを大きくしていくために、ハミングで響きを感じ取りながらボイストレーニングをします。

blog-ranking-banner

さて、ハミングの正しいやり方ですが、

①まず口を閉じます。

②そして、エッジボイスで音を出します。

③アデノイドに音が当たり鼻腔共鳴で響かせます。

④閉じている口まわり・鼻・おでこに響きが集まるので、響きがしっかり出ているか確認しながら繰り返しおこないます。

ハミングはエッジボイスができるのが大前提です。

ですので、このサイトのボイストレーニング(ボイトレ)の方法・やり方まとめのページも、エッジボイスのトレーニングの際にハミングをおこなっています。

スポンサーリンク

ハミングの注意点①:鼻からでる空気量

普段の鼻歌の時は、鼻からたくさん空気がもれていると思います。

ハミングはエッジボイスで発声します。

エッジボイスは、声帯から空気が漏れないように、最低限の空気量で声帯を振動させます。

ですので、ハミングをやっているときは、鼻から空気はほとんどもれません。

逆に、普段の鼻歌の時の時は空気がたくさん漏れていると思います。

鼻歌とハミングの違いを動画にしてみましたのでご覧ください。↓

いかがでしょうか?鼻歌とハミングの音の響きの違いがわかりましたでしょうか?

鼻から空気が漏れている場合は、エッジボイスがきちんとできていない可能性があるので、エッジボイスからやってみてください。

ハミングの注意点②:響きを感じ取る場所

ハミングは鼻腔共鳴を感じ取り、ダイナミックレンジ(倍音)が利いているかどうかを確認するためのトレーニング法です。

ですが、音域によって、響く場所が変わります。

鼻腔共鳴のページにも書いてありますが、音域によっては、響きの形が変わったり、後頭部に響きが集まったりします。

ですが、しっかり強い響きが出ているかどうか?この1点だけ気をつけてトレーニングしていれば大丈夫です。

まとめ

ハミングをやることでの効果は、ダイナミックレンジ(倍音)を鍛えることができます。

アウターマッスルを使わなくても、力まなくても、大きな声量で発声できるには、まず自分で大きく響かせるコツをつかむこと。

それをできるのが、ハミングです。

ぜひ、エッジボイスのトレーニングのところでハミングの練習を頑張ってみてください。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2