腹筋を使い、横隔膜を操作するボイストレーニング

merunaga-banner

ボイストレーニングでは、よく「お腹から声を出しなさい」「腹筋を使うんです!」「横隔膜が動くんです」という事が言われています。

その感覚を掴むまで、私もその意味がわかっていませんでした。

このページでは、私がコツを掴んだ時にわかったことを詳しく書いて行きますので、皆さんもこれでコツを掴んでみてください。

スポンサーリンク

横隔膜が正しく動くことでどう声が変化するのか

boitore-yarikata-matome

さて、腹筋を使い、横隔膜を操作する事に関しては、色々書くよりもまずはやってもらった方が掴みやすいと思います。

今から言う事をやってみてください。

  1. 硬い本をお腹(おへその下辺りからみぞおち付近まで)に押し当ててください。
  2. お腹をリラックスさせ、空気を腰や背中に入れてください。
  3. 腹筋で硬い本を押し出すようにしながら、「アーーー」と発声してみてください。

どうでしょうか?

太くしっかりした声が出ませんでしたか?

これは、知らず知らずのうちに、腹筋で横隔膜を操作しているのです。

高音を地声で出すボーカリストは、ほとんどの人が横隔膜をこのように使っています。

blog-ranking-banner

低音で大事なのが、みぞおち付近。

高音で重要なのが、みぞおちからおへその下辺りまで全部意識します。

横隔膜は音を出す装置、声帯が音階を選択する鍵盤のようなものだと思ってもらえるとわかりやすいかもしれません。

決して、横隔膜だけで音を出したり、声帯だけで音を出したりできるものではありません。

二つのバランスが整って初めて、音を出す事ができるのです。

スポンサーリンク

ワンポイントアドバイス!

ここで、リラックスして声を出すヒントを教えます!

声帯から出る音には意識を集中しなければいけませんが、声帯自体に意識を持っていくと必ず力が入ります。

そこで、声帯自体への意識はすべて無にして、肺の下部分(横隔膜の部分)から上に向かって細い一本のビームが出ているとイメージしてください。

そのビームが声帯を通った時に、初めて音に集中をします。

ちなみに、横隔膜は、高い声を出す時は弓なりに持ち上がり、低い声を出すときは平らになります。

これは、ゆっくりトレーニングをやりながら理解していきましょう。

ちなみに、横隔膜をコントロールできるようになると、優しく女性のような声を出せたり、同じ音でも太い声を出せたりするようになります。

↓動画のように「んが~」と喉に力が入ってしまわないようにやってみてください(笑)↓

最初は、10%くらいの力でお腹を軽く押して、じょじょに50%くらいで押し、最後が90%くらいの力で押します。

そうすると、声に厚みが増してきましたね。

ですが、ここで気をつけてもらいたいのは、腹筋をピキピキいわせるまで力を入れるのは間違いです。

そこまでやると首周りまで連動して、動画のように「んが~」と力が入った声になります。

力を抜いた状態でお腹を押すという事を頭に入れておいてください。

今後、書いているボイストレーニングでは、力を入れずにお腹を押し出すコツをゆっくりつかんでいってくださいね。

次の記事からのボイストレーニングでは、ある時期まで硬い本をお腹に押し当てながらやっていっています。

普通に歌う時は本を押し当てて歌う事はしませんが、硬い本がなくてもお腹に本を押し当てている感覚が常に感じられるようになれば、かなり上達していると思います。

スポンサーリンク


シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2