エッジボイス


merunaga-banner

エッジボイスは、発声をするにあたって、声が出る原理原則を理解しやすい練習法です

ここでは吸った空気を声帯に当てて声をだす、という基本的な声の出し方のコツを掴むための方法について書いていきます。

まずは、声帯が鳴る感覚を体験してみましょう。下記に動画付きで書いていますので、試してみてください。

スポンサーリンク

吸った空気を声帯で鳴らすコツを掴むエッジボイス

boitore-yarikata-matome

エッジボイス、きちんと出来ていますか?
ミックスボイスのコツを掴むためには、リラックスした状態でエッジボイスをできるようになることが肝心です。

間違ったやり方をしていると、声帯を痛めてしまい、ひどい時には取り返しのつかないことになってしまいます。

ご自分のやっているエッジボイスがきちんとできているかどうかは、プロに聞いてもらいアドバイスをもらうことをおすすめします。

プロのサポート付きのおすすめ教材はこちら

質の高いスクールを掲載している【声トレ比較】はこちら

最初の記事でお話しした、呼吸の吸う方とツイになっている動作が、吸った空気を声帯で鳴らすことです。

エッジボイス(エッジサウンド)を使って、声帯を震わせて感覚を掴んで行きましょう。

blog-ranking-banner

首周りや喉を出来るだけリラックスした状態で空気を腰や背中に入れ、出来るだけ少ない息の量で声を出してみてください。

ここでの注意は、空気を声帯に押し付けるのではなく、リラックスして閉じた状態の声帯に空気が当り「ビリビリビリ」とでる感覚です。

どうでしょうか?

朝起きた時のような声、または「ギギギー」みたいなドアがきしむ音になりませんでしたか?

この練習は、後々教える事なのですが、エッヂサウンドを作る練習で、一見のどに悪い声の出し方をしているようですが、声帯がリラックスして、声帯の一部しか使わず、非常に喉に負担のかからない発声なのです。

試しに、口を閉じてエッジボイス(エッジサウンド)を作ってみてください。

声帯がリラックスしていればしているほど、顔に「ビリビリビリ」と大きく響くはずです。

これがハミングの練習に繋がるわけですね。

ハミングの練習も、この後のトレーニングの記事で書いていますので、ここの感覚を思い出してやってみてください。

↓エッジボイス(エッジサウンド)のサンプルを見てください↓

このように音を高くする場合、少しずつ空気を減らしていき、声帯を少しずつ引き伸ばします。

(ここでも、声帯はリラックスし、声帯に空気を押し付けないようにします)

この時声帯は針が通るくらいの小さな穴が開いていて、そこが「ビリビリ」と小さく鳴っています。

ファルセットになったりしないように注意しながらやっていく事によって、高い音域まで地声で出す事が可能になってきます。

リラックスしててもファルセットにならない音、これがナチュラルボイスです。

ちなみに、ファルセットは広がった声帯に空気が「ふわぁー」と通る感じになるので、ナチュラルボイスとは全く違う出し方になります。

まずはナチュラルボイスを身につける事を心がけていきましょう。

最初から裏声の音域でこれをできる人はいません。

ゆっくりコツを掴んでいければ良いです。

リラックスしてこのような音を作る事を意識しながらトレーニングをやってください。

スポンサーリンク

サウンドビームの意識の仕方

サウンドビームとは、声帯の音の出る部分から、音のビームが、音域ごとに色んな方向に出ているイメージです。

soundbeam3

低音は鼻のちょっとした部分 から鼻の上くらいまで、中音のパッセージエリア付近は眉間の部分くらいからおでこの上の部分くらいまで、高音は頭のてっ辺の部分まで。

音の周波数、高さによって、声帯から出る音のビームは色んな角度に響くのですね。

これは、頭の片隅においてもらっていて大丈夫です。

あまり意識しすぎると、間違った方向に無理やり響かせようとして、口内を力ませ喉を痛めてしまう可能性あります。

ただ、きちんと正しい発声ができるようになれば、自然とこの理論に近い方向にだんだん音が向いていくので、エッジボイス(エッジサウンド)を試しながら、どこに音のビームが出ているかの目安にしていただければ良いと思います。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2