デスボイス(グロウル)とガテラルについて

merunaga-banner

さて、今日はデスボイス(グロウル)とガテラルについてご紹介します。

私は、この歌唱法はやりませんが、メタル業界の傾向として言えば、ハイトーンよりもこのデスボイス(グロウル)やガテラルの歌唱法は人気です。

さてこの、「デスボイス」、「グロウル」、「ガテラル」の違いとは何なのでしょうか?下を読んでみてください。

スポンサーリンク

デスボというジャンル

boitore-yarikata-matome

さて、私は過去にメタル・ハードロックというジャンルをやっていましたが、その中にも色々なスタイルがあります。

今は、可愛い顔をした女子がデスボイスを出すのが萌えるという流行もあって、男性のみならず女性にもデスボの歌唱方法は人気です。

さて、この歌唱スタイルの中には、

  • デスボイス
  • グロウル
  • ガテラル

という呼ばれ方をしている発声方法があります。

それについて少し説明をしたいと思います。

blog-ranking-banner

まず、デスボイスとグロウルというのは同じといえば同じです。

地響きのように出す声を総括してデスボイスと呼ばれることもあります。

そして、グロウルとガテラルですが、これも違います。

こちらがグロウルボイスの出し方です↓

こちらがガテラルボイスの出し方です↓


グロウルとガテラル、どう違うの?と思われるかもしれませんが、ガテラルの方がグロウルよりも低音域を使用しており、なおかつ汚く出すという感じです。

スポンサーリンク

デスボイスとは

デスボイスとは、デスメタルで使われていた発声方法なので、デスボイスと言われています。

もともと、ヘヴィメタルやデスメタルは悪魔崇拝の思想から出来た音楽なのですね。

なので、悪魔が声を出したらどのような音になるのか?をイメージして「ダミ声」「がなり声」「悪声」を混ぜながら作られた声だと思います。

この発声方法も、喉を壊したくない人はやらない方が良いですが、ホーミーと同じで、鍛錬をすることによって特殊な声を喉を枯らさずに発声できることも多々あります。

デスボイス専門のボイストレーナーがおられるのでしたら、その方に習ってみるのも良いと思います。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2