チェストボイス

merunaga-banner

一般的に胸に響かせるとされているチェストボイス。

このチェストボイスの感覚を掴む上で最低限、知っておいて欲しいことがあります。

いったいどのように意識するとチェストは出せるようになるのでしょうか?下記で説明させて頂きますので、ごらんください。

スポンサーリンク

正しいチェストボイスの出し方

boitore-yarikata-matome

blog-ranking-banner

チェストボイスは、ヘッドボイス、ミックスボイスと並んで、一番基礎の部分にあたります。

チェストボイスがきちんとマスターできずに、ヘッドボイスやミックスボイスに移っても、声がヒョロヒョロした状態になって使い物になりません。

そのヒョロヒョロした状態を力でどうにかしようとするので、変な癖がついてしまうことが多いのです。

まずは、チェストボイスでの基礎固めをしっかりとやって行きましょう。

スポンサーリンク

チェストボイスの鍛え方・意識の仕方

最初に言っておきますが、チェストボイスが地声だと思っておられる方も多いのですが、地声とチェストボイスは一緒にしないほうが良いです。

  • 地声は喋っている声
  • チェストボイスは胴体をスピーカーのように響かせる声

です。

声帯から出てくるサウンドビームとしてはこのようなイメージです↓

soundbeam3

YOUTUBEの音声で響きの違いがわかるかもしれませんので、聞いてみてください。

※地声とチェストボイスの違いのYOUTUBE

チェストボイスは、横隔膜を中心として、胸だけではなくお腹まわりや背中まで、胴体すべてがスピーカーのような役割を担ってくれている意識で響かせます。

裏声の音域でチェストボイス

チェストボイスがしっかりできるようになれば、裏声の音域もチェストボイスを混ぜることができるようになります。

要するに、裏声音域なのに胴体で鳴っているような周波数が混ざり合うのですね。

それがいわゆるミックスボイスと言われているものです。

ぜひ、チェストボイスを理解し、胴体で音がなるようにトレーニングしてみてください。

スポンサーリンク


シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2