歌は与える気持ちを強く持つことが大事

merunaga-banner

ataerukimochi歌を歌う時って、色んな気持ちを込めて歌うと思いますが、どのような気持ちを持つと歌が上手くなるのでしょうか。

これは、プロを目指していた私の課題であり、クリアできなかった部分でもあります。

下に、どういう気持ちで歌うと良いのか、私なりの考えを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

無償の愛

boitore-yarikata-matome

皆さんは歌はどういう気持ちで歌うものだと思っていますか?

  • 「自分が楽しんで歌うもの」
  • 「綺麗に完璧に歌うもの」
  • 「魂がこもっていれば下手でもよし」

色んな意見が聞えてきそうです。

blog-ranking-banner

皆さんは歌う事が好きで好きでたまらないでしょう。

そして、沢山の人たちに

  • 「すごいね!」
  • 「感動したよ!」
  • 「鳥肌がたったよ!」

という言葉をもらえるだけでどんなに嬉しいかと思います。

その言葉をもらえる事をイメージしながら、頑張って歌を練習します。

そして歌を発表。

ですが、評価はイマイチ…

自分は楽しんで歌えたんだから!と、その酷評から目をそむけたくなったり、才能がないんだと落ち込んで歌をやめてしまいたい気分になった事はありませんか?

仕方ありませんよね。

気分が沈む事があると、そのような気持ちになるものですから…

でも、上手くなる人と、そうでない人の差がここで開きます。

スポンサーリンク

プロのボーカルとして仕事をするレベルまで行くと

ここで本題です。

私が言いたいのは、へこまされても何回も立ち上がって戦場へ向かえという精神論を言いたいのではありません。

確かに結果そうなるように見えますが、もっと根本的な心のあり方を教えられればなと思います。

世の中には、歌だけでなく、色んな職業があります。

その中で成功する人、人が自然と集まってくる人には理由があります。

「喜びを与える喜び」

この意志を持っている人、その意志を信念として貫ける人は強い。

「喜びを与える喜び」を得るために、いくらでも努力して頑張る事ができるのです。

相手の喜ぶ顔が見たい!

もっともっと喜んでもらいたい!

そういった部分で自分の満足感を満そうとしているわけですから、そのためなら努力は惜しみません。

プロはお金を多少なりともらうので、利益をかえりみない「無償の愛」とまでは言いませんが、でも必要なことだと思います。

そういう人は周りから見ると、

「自分を犠牲にしてそこまでやるのか!? この人にならついていって間違いなさそうだ!」

となって、支援する人が沢山寄ってくるのを私の周りでもよく目にしたことがあります。

歌で例えてみましょう。

あなたは自分が歌う事で誰かに喜んでほしいですか?

喜んでくれる顔が見たい→努力する→歌を披露→酷評→喜ばせる事は達成されていないのでまだまだ努力

自分が楽しいければいい→努力する→歌を披露→酷評→自分が楽しめた事は達成されたのでそこで終わり

同じ努力するのでも、無償の愛のような気持ちがあるのとないのとでは根本的な部分が違うと大きく結果は違ってきます。

歌を歌いたい人、何かを成し遂げたいと思う人は、本当は、核の部分に「たくさんの人に愛されたい!」という願望を持っているはずです。

そうであれば、自分の求めるものを、利益をかえりみず、誰かに与えてみてください。愛を。

何かを与えた、その与えたものを相手がどうしようと気にしてはいけません。

そして、その人からまたお礼が来るとも思ってはいけません。巡り巡って、別のところから与えたことが返って来るものです。

私は、この与える気持ち、人に対する愛情というものが弱かったことでたくさんの失敗をしました。

自己を愛しすぎるゆえに、たくさんの人達の信頼も無くしてきましたし、人も離れていきました。

与えることに喜びを感じることができていれば、「もっとたくさんのことが上手く行った」と、今でも反省しています。

最近、声帯を摘出された有名プロデューサー「つんく♂」さんがモーニング娘のオーディションをしている時に言っていました。

「アイドルに必要なのはサービス精神だ」と。

相手を喜ばせる事に喜びを感じる人間はどの世界でも成功します。

もちろん歌でも。

なので次は、歌を気持ちよく聞いてもらうために、最初に何をどう努力すれば良いかを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2