あるジャンルではファンとバンドマンは、ホストとお客

merunaga-banner

bandman-hosutoホストとホストにハマるお客、実はこの構図がバンド業界でも当たり前にあることをご存知でしょうか?

今日はそんな、バントマンの裏話を書いて行きたいと思います。

バンドマンにハマる女と、そんなファンを使うバンドマンのお話、ご覧ください。

スポンサーリンク

ライブの楽しみ方??

urabanasi-matome

関連情報:>>バンド成功ノウハウを教えてくれるスクールを受講した感想

僕が田舎にいた頃、違うジャンルのライブを勉強のために見に行っていました。

何の勉強のためかというと、女性のファンを集めるための勉強です。

「女性にウケるバンドって、どんな魅力を全面に押してライブをしているのかな?」ということが知りたくて、自分がやっているジャンルとは違うジャンルのライブを見に行っていました。

女の子ウケするそのジャンルのライブは、男目線では何が良いのかわかりませんでしたが、女の子からは「きゃー!可愛い☆」

そんな黄色い声援が飛び交い、バンドの演奏やMCに酔いしれているような雰囲気でした。

こんな雰囲気をつくり上げるとは、さすがです。

かなりお客も入っていましたし、ライブ自体も盛り上がっていました。

そのライブが終わって、そのジャンルのバントマンと少し挨拶をしました。

そして、その後にライブに連れて行ってくれた知り合いとご飯を食べながら話をした時、そこで聞いた裏話が衝撃的でした!!

スポンサーリンク


「実はあのバントマン、あの子とあの子、それとあの子と体の関係があるんだよ。本命はあの子だけどね。」

なんと、お客さん数人と体の関係をもってライブに集客しているとのことでした!

関係を持っている子がメインで応援していて、その子がさらにお客を連れて来てくれるみたいなのです。

もちろん、関係があるというのは内緒にして、「かっこいいバンドがあるから」ってことで。

そういう関係を持った人が身近に数人いるということで、ライブをやると余裕でキャッシュバックが出るくらい集客をしているとのこと。

だからお客の数が多かったのですね。

しかもそのバントマンは、「別の県にお水をやっている専属のスポンサーもいる」とのこと。

いやはや、たまげました。

そのジャンルのバントマンは、こういった関係性を当たり前のようにやっているみたいなのです。

ですが、それ以上にビックリしたのは、バントマンが当たり前にそういう営業をかけているのではなく、そのライブハウスに来るお客さんの2~3割くらいは、自分が気に入ったバントマンを必ずものにしたいと思って来るらしいのです。

私のバックミュージシャンをしてくれたことのある、元そのジャンルのギタリストに、

「ホールでワンマンライブをして、遠くから来てくれた子にお礼がしたくてホテルまで呼んだら、実は私こういうの初めてで…って言われたんだよね。俺はそういうつもりで呼んだんじゃないよって伝えたんだけど。」

という話を聞いたことがありました。

そんなふうに、女の子ウケでやっているバンドマンでも、しっかり距離を取っているバンドマンもいます。

ですが、そのジャンルのお客さんの一部は、ライブを楽しんだあとも、いろんなドラマがあること前提の人が多いみたいなのですね。

お客が体と金銭面をサポート。そんな色恋まくらでやっているバントマンは、あまり長くは続かないし、後でとんでもないことになることもよくあるので、真似しないでくださいね(^^)

とんでもないことになった話は、また後日。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2