あるジャンルでトップのメジャーバンドが転落した被害事例

merunaga-banner

band-tenrakuメジャーデビューしても食べていけないバンドはたくさんありますが、食べて行くにはいつもひいきにしてくれるスポンサーのような存在が必要です。

ですが、いきなりそのスポンサーがいなくなったバンドはどうなるか?と言いますと、CDの売上、ライブの集客、その他の露出などが激減して一気に貧乏バンドに転落するのです。

私が今から話すメジャーバンドにはいったいに何が起こったのでしょうか?詳しい話を下記に書いていますので読んでみてください。

スポンサーリンク

仕組まれた罠

urabanasi-matome

関連情報:>>バンドでプロデビューするためのビデオスクールを受講した感想

私が今回話すバンドは、私が高校生の頃から有名で、某ジャンルに特化した有名音楽雑誌でプッシュされ、某ジャンルではNo,1の人気のラジオ番組でもプッシュされ、専門ジャンルのメディアではとてもひいきにされていたバンドでした。

もちろん、作る曲もかっこいいし、テクニックも一流、日本国内のそのジャンルでは間違いなくNo,1のCDの売れ行きを叩き出していたので、みんなが崇拝するようなバンドでした。

blog-ranking-banner

ただし、リーダーのギタリストの性格に少々問題ありで、アンチも多いバンドでした。

ですが、いろんなメディアに気に入られて、ひいきにされていましたのでガンガン露出していたので、人気があったのです。

ですがアンチは、そのバンドが目障り。

足をひっぱり、潰そうとする人が出てきました。

ある日、YOUTUBEやニコニコ動画に、そのバンドのリーダーが、ひいきにしてくれている雑誌やラジオなど編集長の悪口を言っている音声の動画がアップされたのです!

スポンサーリンク


その音声は、ライブの打ち上げの時に、いつの間にか録音されていたものでした。

「あいつ、いつも俺の作品に口出ししてくるんだよ。次はこうしろとか、もっとこうやれとか、ほんとうるせぇんだよ。」

そんな内容だったと思います。

そのバンドを潰そうとする人たちが、密かにライブの打ち上げの時にバンドリーダーに近づき、編集長の悪口を言わせて録音したのです。

それがYOUTUBEやニコニコ動画にアップされ、やがて編集長の耳にまで入りました。

そこからはもう地獄です。

良いと思われていたバンドとメディアとの関係は、ガラガラと音を立てて崩れました。

それ以降は、一切その雑誌にも乗ることもなく、ラジオで紹介されることもなく。

そのバンドのCDの売上もガタ落ち、ライブの集客もままならない状態まで行きました。

人間を良く見せるのもメディア。

人間を悪者に見せるのもメディア。

本当に、いろんな意味でメディアの力というのは恐ろしいと思いました。

確かに、あのバンドのリーダーの性格は、近くにいた人に聞くと、とても独裁者的な性格だったとは聞きますが、それも含めて才能でもあるんですよね。

ですが、やっぱり正義は立場によって形を変えます。

バンドを潰そうとした人が、そうやることが自分の正義だったのでしょう。事情は知りませんが。

本当に、人に恨みを買うと損です。

階段を上がって行けば行くほど、その部分は足を引っ張る要因となります。

特に日本人は人に対する礼儀を重んじますので、ここで足を引っ張られないように気をつけましょう。

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2