ホワイトハットSEOを教えることを決意/日本全国どこにいても教えられるように

merunaga-banner

howaitohatto-seo-oshieru

さて、2日間にわたって、自分のアイデアを書き、「自分がホワイトハットSEOをメインにその人に意図に添える戦略を考えられるか?」ということを考えて来ましたが、だいたい心の中では決まりました。

日本全国、どこにいる人に対してでも、教えて行こうと。

今日は、私の考えていることを、ここにアイデアとしてメモ的に書いてみますので、興味のある方は下を読んでみてください。

スポンサーリンク

ホワイトハットSEOを教えるにあたって

こちらが、昨日と一昨日のアイデアを書いた記事です↓

ミュージシャンやバンドマンで夢を諦め、挫折した人の救済として
夢を追って、挫折し、夢を諦めた元ミュージシャンや元バンドマン。 私は昨日、ふとあることを思いつきました。 音楽をやってい...
バンドマンやミュージシャンの活動収入源を確保するには
たいがいのバンドマンやミュージシャン、そしてアーティストは、アルバイトをしながらそのお金を活動資金につぎ込んでいます。 そして...

さて、ホワイトハットSEOを教えるにあたって、どのような方法で教えて行くのかですが、今のところ、遠隔で教えて行きたいと思っています。

遠隔というのは、対面のセミナー形式ではなく、ある程度マニュアル化して、手順通りすすめて行っているか、メールのやりとりやフォーラムでやり取りして行く方法です。

まだ、マニュアルは作成していないので、開始までにまだ時間はかかります。

遠隔で教えるメリットとしては、日本全国をカバーしたいなという思いからです。

関東だけで集まれるセミナーをやっていると、全国はカバーできないですからね。

ニーズはあるけど、人数はそんなに多くないこともわかりましたし。

(多分、私が思っている以上に、集客や収益確保に困っていない方が多いのかもしれませんね。それはそれで非常に喜ばしいことです^^)

blog-ranking-banner

ホワイトハットSEOをどう活用するか?

まず、SEOというのは集客の手段であって、それ自体が「稼げる」とか「ブランディングになる」とかでは、ないんです。

なので、一人一人の目的にそったサイトを作って行ってもらう必要があります。

それも、私がアドバイス(コンサル?)していって、最終的な目標と、そのために通過するべきポイント(KGIとKPI)を理解し書き出してもらい、それにそって戦略を考えて、ホワイトハットSEOで新規の見込み客をどんどんサイトに流して行きます。

ホワイトハットSEOは、やり方は同じなのでマニュアル化ができるのですが、一人一人に適したアドバイスをするには、やはりメールを何回もやり取りしなければいけないので、大変ちゃあ大変です。

例えば、どのようなことにホワイトハットSEOが使えるのか?

  • アフィリエイトサイトへの集客
  • 店舗サイトへの集客
  • ボイストレーナーの知名度アップ
  • アーティストの知名度アップ+収入源確保

などなど。

人によっては、さまざまは使い方ができます。面白いです。

ホワイトハットSEOのメリット

①SEOの凄さ。

まず、集客をするにあたって、SEOを見くびってはダメです。

世界で1番目または2番目にトラフィック(ユーザーの利用頻度)が高いウェブサービスって、なんだか知っていますか?

GoogleとFacebookなんですよ。

この2サービスが、上位を争っています。(YOUTUBEは確か4位か5位くらいだったと思います。)

ユーザーの利用頻度が高いものを、集客に活用しない手はありませんよね。

SEOとは、検索エンジンです。有名どころでいうと、GoogleやYahoo!やBingの3社。

しかも、Yahoo!はGoogleから検索エンジンのデータを提供してもらっており、ほぼGoogleと同じ順位になっているはずです。

なので、現在は、Googleという検索エンジンサービスからアクセスを獲得できるということは、Yahoo!もカバーできるということ。

集客をするにあたって、SEOをやらない理由がありませんよね。

②ドメインの評価が強くなる

ドメインが強くなると、リンクをもらっていない、新しく追加した記事でさえも、緩いキーワードではいきなり1ページ目に来たりします。

しかも、順位が上がることはあっても、極端に下落することはほとんどありません。

③集客の自動化

そして、Googleからペナルティーを受けなければ、検索エンジンがある限り集客は自動化します。

ホワイトハットSEOはブラックハットSEOと違い、正しく行えば、Googleからペナルティーを食らうこともありません。

Googleからペナルティーを食らうと、検索エンジンの順位が下落し、アクセスが激減します。

ホワイトハットハットSEOはそれがないので、気持ち的にも安心ですね。

つまり、入り口を増やせば増やすほど(記事をかけば書くほど)、アクセスはずーっっと右肩上がりなんですね。↓

2015年7月のアクセス状況とSEOの推移/エイジングフィルターが解除される
7月の元歌い手の裏事情は、エイジングフィルターが解除されて、よくPV数が伸びた月でした。 検索エンジンからの流入数やアクセス、その他ど...

ホワイトハットSEOのデメリット

①時間がかかる

ホワイトハットSEOは、ブラックハットSEOと違って、狙ったキーワードで一気に1位や2位を奪取するという方法ではありません。

じわじわ上位表示し行き、じわじわアクセスが増えて行きます。

1記事あたり、しっかり上位表示するのが2~3ヶ月はかかります。

つまり時間がかかるんです。

②コンバージョン率が低い

そして、狙っているキーワード以外のローングテールキーワードもたくさん拾うため、アクセス数に対するコンバージョン率は低いです。

(ですが、その反対を言うと、かなりのロングテールを拾ってアクセス数が膨れ上がるのがホワイトハットSEOのメリットでもあります。)

つまり、購買欲求があるキーワードからの流入以外にも、潜在意識的にそれが気になっているキーワードからもアクセスがあるということです。

例えば、「ボイストレーニング 池袋」のような購買欲求があるアクセスだけでなく、「ピアノ弾き語り 池袋 できる場所」のような購買欲求のないキーワードでもたくさんアクセスがあるということ。

それは、デメリットなのか、メリットなのか?

私はサイトのファンになる見込み客が集まってくれていると思うのでメリットだと思っています。

③手間がかかる

そして、人から愛されるサイトでないと、ホワイトハットSEOは成立しないということです。

GoogleがホワイトハットSEOを推奨している理由としては、そこの部分があるのです。

Googleは、良いサイトを上位に出したい。

良いサイトとは、権威性があり、見やすく使いやすく、ユーザーに好かれるサイトのことです。

「そういうサイトを上位させますよ」とGoogleが実際に言っています。

ですので、コンテンツを作りこんで行くことに対して真剣にならなければいけません。

ここは、手間がかかりますので、即金がほしい、楽をしたい人にとってはデメリットになりそうです。

ですが、しっかりしたコンテンツを作っていけば、Googleは自然と評価してくれるので、私は手間や時間をかけて愛されるサイトを作るのはメリットだと思っています。

スポンサーリンク

どういう人にホワイトハットSEOを習ってほしいか

昨日は一昨日書いたように、

①「音楽を挫折して、挫折をバネに成功したい人」

②「現在アーティストをやっていて、知名度アップと収入源を確保したい人」

この人達を救いの手を差し伸べることを前提として、

③「その他、ホワイトハットSEOに純粋に興味があり、手に職を付けたい人」

にも、教えて行こうかなと思います。

変なSEO業者に教えてもらったり、変なSEOサービスを買ったりするくらいなら、自分が教えたいかなとも思いますので。↓

教室(スクール)のホームページ/SEO業者に任せっきりだと危険!
昨日はとあるボイストレーニング教室様と打ち合わせをしてきましたが、ボイストレーニング教室様とお話しさせて頂くと、様々な面白いお話しが...
ブラックハットSEO業者の売り込みメール/嘘にダマされないで!
昨日、ブラックハットSEOをやっている業者から面白いメールが届きましたので、皆さんにご紹介します。 この方、ホワイトハットSEOもかな...

まだなんにも準備できていない

いやほんと、これの状態につらつらとアイデアを書いて行っているだけです^^;

問い合わせが来たのは10人もいないですし、ホワイトハットSEOでの集客というのはあまり需要がないので、ビジネスとして成立するかどうかも微妙です。

マニュアルもつくらなければいけませんしね。

でも、気になる人がいることは事実なので、その人達のためにだけにやっても良いかもと思っています☆

【役に立てている実感】というのは、稼ぎをメインにすると遠くに離れて行っちゃいますからね^^

とりあえず、ゆるゆると準備をすすめてみたいと思います!

「私も実は、気になってました~」って方は、いつでもご連絡ください♪

>>ご連絡はこちらからお願いします

スポンサーリンク