ボイストレーニング教室の生徒さん&講師&僕で対談をしました☆

merunaga-banner

taidan

昨日は阿佐ヶ谷で、とあるボイストレーニング教室の生徒さんと講師の方と僕とで、対談をしました。

対談というか、飲み会ですねw それはそれはとても楽しい飲み会になりました。

どのような飲み会だったのでしょうか?下を読んでみてください。

スポンサーリンク

生徒さんがきっかけで

昨日飲んだのは、ワンバイブスというボイストレーニング教室の講師・木下さんと、その教室に通っている生徒さんの小笠原さんでした。

※ワンバイブスさんはこういうボイストレーニング教室です↓

ボーカルレッスンを受けたら、音楽理論も受講したいし、できれば作詞作曲もできるようになりたい。 今日はそんな方にピッタリのボイストレーニ...

実は、声トレ比較のアイデアを練っていた時に、

僕がFacebookで

「これからは、日本中のボイストレーニング教室を紹介して行きたいな~」

とつぶやいたところ、小笠原さんが、ワンバイブスの木下さんをご紹介してくださったという御縁があります。

木下さんとは、声トレ比較で最初に契約をした方なので、本当に小笠原さんがきっかけでスムーズにスタートが切れたと言っても過言ではありません^^

blog-ranking-banner

自由度の高いボイストレーニング教室

昨日は、阿佐ヶ谷の「かきっこ商店」という牡蠣料理を出してくれるお店で、美味しい牡蠣とお酒を飲みながらお話しをさせて頂きました。

ワンバイブスのすごいところは、本当に自由度の高いところで、

小笠原さんが

「実は、こんな教本を買ったんだけど、すごくためになったからこれを基にレッスンをやってみたい」

と提案すると、木下さんは

「わかりました。では一度その本の内容を理解するので貸してください。小笠原さんに合うように、僕なりの本をアレンジしたレッスンメニュー作成してみます。」

と言い、その本の内容を取り入れたレッスンをしてくれるそうなのです。

その他、ワンバイブスに通っている生徒さんが、就活の時期になると、就活専用のボイトレメニューをやったり、

ボーカルの方から作曲の方にも興味を持った人がいたら、音楽理論のコースに移ったり、

その人が今求めていること、叶えたい目標に対して、できるだけ強力してあげられる環境を作る努力をされています。

その努力が、生徒さんから見ると自由度が高く見えるのですね!

スポンサーリンク

ワンバイブス木下さんのアイデア

昨日、1つ印象の残ったアイデアが出ました。

それは、「ボイストレーニング教室どうしの勉強会」です。

ボイストレーニングには、さまざまな方法ややり方があって、教える人によって腹式呼吸の仕方1つでさえも違います。

◯◯メソッドなんていうものもあり、受け手側(学ぶ側)からすると、何が正解なのかわかりません。

でも、実は、そこに正解なんてなくて、生徒さんの声が心地よく出て、喉を枯らさずに、自分の思うような歌唱ができればそれが正解なんです。

そして、正解を出せる教室はしっかりそれが生徒さんの継続率に出ますし、逆に継続率の悪い教室は淘汰されて行きます。

要するに「正解」とは、生徒さんの継続率、満足度の数字に表れるものなんですね。

なので、どのような方法があっても良いということで、色んな教室の成功事例失敗事例を勉強会で学ぶことで、更に生徒の満足度の高い教室、そして自由度の高い教室に進化できると思います。

(もし仮にノウハウを出したとしても、そのノウハウはそのボイストレーナーさんだから出来ることであって、そんな簡単に盗めるようなものでもありません。)

実は、私もアフィリエイトをやっていたころ、アフィリエイターどうしが勉強会を開き、成功事例や失敗事例を共有しあう事で、稼げなかった人がどんどん稼げるようになったのを実際に目の前で見ていますし、本当に良い案だと思いました。

横繋がりの太いパイプを作ることが重要

今の時代は、人が見せたくなかった隠していた黒い部分がどんどん表面に出てきて、隠しきれなくなっています。

表面だけで取り繕っても、心の奥底で思っていることは、意外と早く見破られる時代です。

これからの時代は

  • 誰かが誰かを支配する。とか
  • 自分のやり方が一番だ!とか
  • 他人のやり方を否定する。とか

そういう思考ではいつかボロが出てきます。

そして、そういう思考のままでは、本当の意味での横繋がりは作ることができません。

いつ切れてもおかしくない細いパイプは作ることは出来ても、信頼というものがないと太いパイプは作れないのです。

本当の意味でお互いを助け合う環境を作るためには何が必要なのか、しっかり考えて行きたいですね^^

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2