ボディコントロールと振り付け(ライブパフォーマンス)のレッスン【ボーカル教室FOREST③】

merunaga-banner

ボーカル教室Forestさんでは、身体をほぐすためにボディコントロールというストレッチをやるそうです。

アニソンの歌い手さんがライブをする時には、振り付けなどのライブパフォーマンスもレッスンされていらっしゃいます。

どのようにレッスンされるのでしょうか?

取材動画の3つめを公開しましたので、ご覧ください☆

スポンサーリンク

ライブパフォーマンスのレッスンをしよう!

さてさて、Forestさんへ取材へ行った動画も3回目になってきました!

今回の見どころは、

  • ボディコントロール
  • ライブパフォーマンス
  • 発表会

の内容です^^

それでは、動画をご覧ください↓


blog-ranking-banner

身体をほぐすボディコントロール

メノルン
リラックスをするために、例えば、どういうストレッチをすると効果があるのか?などのことを、教えてくれたりするんですか?
MICHIKO先生
やっぱり身体という楽器を使うために、まずやることがあるんですね。

うちではボディコントロールという名前で、各トレーナー全員にストレッチをするようにお願いしています。

そうですね~、だいたい5分くらいボディコントロールに時間をかけています。

メノルン
なるほど!

5分くらいかけて身体をほぐすんですね。

MICHIKO先生
そうですね。

首周りだけじゃなくて、腰から足のつま先まで、全部をダーっとゆるめて重心を落とすことに徹底しています^^

メノルン
なるほど~!

僕、ヨガを習ったことがあるんですけど、その考えってヨガと似ていますね。

指の関節一本一本まで脱力させるという感覚なんですけど、歌でもけっこうそういうのって重要なのかなって思います。

MICHIKO先生
そうですね^^

それがこうじてなのか、先ほどいらしていた50代の生徒さんがおられるのですが、「電車の中でまで重心を落とす訓練をしている」と言ってくださっていて、姿勢が良くなる生徒さんがすごく多くなってきているんです☆

メノルン
へぇー!

そんなに姿勢が改善されるんですね^^

スポンサーリンク

振り付けのレッスン

メノルン
振り付けや、ライブパフォーマンスとかって、どういう感じでレッスンされるんでしょうか?

ビデオとか撮ったりもされるんですか?

MICHIKO先生
しますします!

撮るのは、スマホレベルの撮影で全然良いので^^

撮ったあとに、自分の立ち振舞をデータを見て確認すると、「うわ!私こんなところでお腹出ちゃってた」とか。

立ち方をまっすぐに立つって、難しいじゃないですか。

なので、その体幹の鍛え方もその時にお伝えしたりします^^

振り付けも、よくあるのが、「あなたに」と手の平を客席の方に向ける時に、指の先まで意識するのとしないのとでは、相手に送るエネルギーが変わっちゃうんですね。

だから、しっかり指の先まで意識して、「あなたに」というエネルギーを送るようにということを、動画を見ながらお伝えするようにします。

メノルン
なるほど~。

そういうふうにして振り付けのレッスンをされるんですね~。

MICHIKO先生
そうです。

まあでも、あくまでも私たちがレクチャーできる範囲ではありますけど^^

メノルン
例えば、マイクスタンドをセットして、ステージに立っている感じで、衣装も着てやるとか。

そういう感じですかね?

MICHIKO先生
それもあります^^

さすがに、このForestの今の館内だと大音量で出せないので、しっかりスタジオを取って大音量でレッスンをします。

メノルン
あ~なるほど!

そういうことですね^^

MICHIKO先生
そこではもう大音量で、ステージと同じ感じで、本版さながらのレッスンをします。

衣装を着たい人は、衣装も持ってきて頂いて、衣装のバランスも整えつつ。

アクセサリーなんかも、ステージングをやる上で邪魔になりそうなものは「これやめようね。」という話もしたり。

やはりアニソンなので、ステップを踏んだりする振り付けをされる方が多いですね。

その時に、「重心が狂っちゃってるよ」とか、ステップの方法を教えられる範囲で教えさせて頂いています^^

メノルン
そうなんですね^^

アニソンのライブをする人ってバンドが多い?ソロが多い?

メノルン
アニソンを歌っている人の話を聞いていて、ふと思ったのですが、アニソンのライブをされてらっしゃる方って、バンドが多いのでしょうか?

それとも、オケを流してソロでされてらっしゃる方が多いのですか?

MICHIKO先生
オケを流してライブされる方が多いですね~。
メノルン
なるほど。

オケでライブされてらっしゃる方が多いんですね。

MICHIKO先生
そうですね~。

バンドをトライして欲しいっていうのが、本当は私たちの願いなんですが、やっぱりアニソンでライブに出るってなると「オケで」というライブハウスさんが多くて、オケでライブをされる生徒さんが多いですね~。

メノルン
なるほどなるほど。

じゃあ、ライブをやるときは、オケを流してって感じですね~。

地下アイドルのライブを見たことがあるのですが、そういう雰囲気のライブなんでしょうか?

MICHIKO先生
あ、そうですね!

いわゆる、ヲタ芸をうってみたいな形の方もいらっしゃいますし、Forestの生徒さんの年代が、小中学生のちびっ子から50代の方までいるので、「そういうライブハウスで歌いたくないよ」という方もおられます。

ライブハウスで歌わない方は、発表会で歌うとか、カラオケを楽しむためという方とか、めっちゃ多いです^^

メノルン
なるほど!カラオケを楽しむために、ですね^^

Forestさんで発表会はやっている?

メノルン
ちなみに、Forestさんの生徒さんが歌う発表会みたいなのってやっておられますか?
MICHIKO先生
あ、そうですね~。

ちょっとここ近年サボリ気味ではあるのですが、やっています^^

カラオケ大会というのもやりましたし、あとは発表会でみんな集まってカラオケをステージにしてというのもありましたし、あとは音楽業界の方が主催しているライブに生徒さん何名かを出演させてもらったりということもありました。

メノルン
なるほどなるほど。

いろいろされていらっしゃるんですね^^

MICHIKO先生
今はですね~、実は別の企画をやっているんです^^
メノルン
そうなんですか!

それは、例えばどういうことをされていらっしゃるんですか??

MICHIKO先生
えっとですね、アニソンちっくなオリジナルな曲を用意しまして、それを歌うのに生徒さんの一人にリーダーになって頂いて、1曲に対して15人で歌うんです。

15人の歌声をミックスして、そしてそこに映像も付けて、みんなでやる【歌ってみた】のような感じで、アニソン版「We are the world」みたいな感じのこともやっています^^

それを大音量レッスンで、みんなで歌ったりすると仲間もできて、「楽しかったー!!」と言って、みんなすごいキラキラしています☆

メノルン
へぇ~!なるほど~!

それ、みなさんすごく楽しそうですね^^

ボーカル教室Forestの生徒さんの生の声

こんにちは。

ボーカル教室Forestに最近通い初めました、なつこです。

私は今まで、人前で歌ったりとか、友達とカラオケに行くことが少し苦手で、歌うことも人前に出ることも恥ずかしくて、カラオケでも楽しめないということが多かったのですが、

レッスンに通うようになってからは、歌うことがとても楽しく感じるようになって、今ではレッスンに来ることがすごく楽しみになってきています^^

「歌うのが苦手」とか、「人前に出るのが恥ずかしい」とか、思っている人がいたら、ぜひボーカル教室Forestに来て、素敵な先生たちと一緒にレッスンを受けて楽しく歌を歌いましょう☆

体験レッスンはこちら

ボーカル教室Forestの体験レッスンを受けてみたいという方は、下記に教室のページがありますので、そこから申し込んでみてください^^

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2