稼げる副業ノウハウ(情報商材)の裏話/情報販売者の7割が嘘を書いている事実!

merunaga-banner

kasegeru-hukugyou-urabanashi

稼げる系の副業の情報商材って、良く見かけますよね。

実はそれを販売している情報販売者の7割くらいが、実際には稼げていないんです。

なぜ私がそのようなことを知っているのでしょうか?

今日は情報商材販売者の裏話を書いてみますので、興味がある方は下を読んでみてください。

スポンサーリンク

悪徳情報販売者の実態

昨日、私のSEOの師匠や、その師匠のお弟子さん達と4名くらいで忘年会をしました。

私は弟子ではないのですが、私の中ではSEOで大事なきっかけを与えてくれた人なので、この人を勝手に師匠だと思っています^^

そのSEOの師匠は、インフォトップで色々な情報販売やツール販売もしていて、セールスレターのコピーライティングや、ランディングページも作成している方です。

そういう仕事をされているからこそ、その業界の裏話を知っておられます。

今日は、その忘年会で聞いた裏話をご紹介したいと思います。

稼げる系のセールスレターに騙されないよう、参考にしてみてください。

blog-ranking-banner

塾長が稼げていないせどり塾の話

「せどり」というのご存知でしょうか?

ブックオフなどで、100円で仕入れた本を、300円や500でアマゾンで販売して利ざやを稼ぐ商売です。

本だけではなく、中古家電や中古ブランドなども同じように安く仕入れて、海外や国内で高く売ることができます。

こういう利ざやを稼ぐビジネスを、転売ビジネスとも言われています。(中古車ディーラーも同じですね)

そのせどりの塾の裏話があります。

塾に入会させるためのセールスレターに、

「私は片手間で月商500万円稼いでいます!(ドーン)」

と、売上のキャプチャを貼り付けている人。

実は、仕入れに600万使って、500万円売り上げれば、その数字が作れちゃうんです。

100万円の赤字なんていうのはセールスレターに書かなければ良いだけなんですね。

セールスレターを見ている人は

「副業でも月500万稼げちゃうんだ~」

と思ってしまい、20万円という高額な入塾料を払って入会してしまいます。

その結果、当たり前ですが、そのノウハウで稼げる人は出てきません。

だって、塾長が稼げていないんですから。

塾長が稼げていないアフィリエイト塾の話

私もアフィリエイトの塾に入り、アフィリエイトをやっていたので裏話はよく耳にします。

  • 「アフィリエイトで月1,000万円稼いでいます!」
  • 「月1,000万円も月5,000万円もやり方は殆ど変わりませんでした!」
  • 「主婦をやりながらアフィリエイトで毎月50万円稼いでいます。」

などのセールスレター、良く見かけますよね。

これも実は裏があります。

月1,000万円をSEOのみで稼いでいるのであれば、それはそれですごいと思います。

SEOってほとんどコストがかかりませんから、利益率として8~9割くらい出るんです。

ですが、PPCを使ってやるアフィリエイトノウハウもあります。

(PPCとは、検索エンジン広告のことです)

広告を使ってのアフィリエイトですから、広告に投資をする分だけコストがかかります。

広告費に月900万円使って、月1,000万円アフィリエイトで稼げても、利益としては100万円しか残りません。

それで社員さんを抱えていれば、赤字になる可能性もあります。

そして、「主婦で月50万円稼いでいます」系のセールスレター。

「このサイトは、私が作っています」と言いながら、実はその主婦のバックにSEOのスペシャリストがいて、その人がSEOをかけていたりします。

そういったセールスレターを見て、入塾料20万円を支払い入塾した人は、結果としてそのノウハウでは稼げません。

だって、塾長が稼げていないんですから。

スポンサーリンク

なぜ稼げない人が情報販売をやるのか

なぜ、稼げない人が数字を捏造までして情報販売をやるのでしょうか?

実は、情報販売はすごく儲かるのです。

20万円を支払う人が50人集まれば1,000万円ですからね。

特に「稼ぐ系」と言われている塾やコンサル、情報商材は、人のお金の欲求をくすぐります。

セールスレターをみた人は、

「今20万円払えば、私も月500万稼げるようになるんだー!」

と思ってしまいますよね。

この損得勘定を頭の中に描くようにセールスレターが書かれているんです。

人の欲求をくすぐるというか、人を誘導するというか、そういうコピーライティングの技術が存在します。

その技術を悪用し、稼げていないのに情報販売をする人が後をたちません。

本当に稼げる人はどうやって情報を仕入れているのか?

私や私の師匠も、情報はすごく大事にしています。

ですが私たちは、セールスレターをきっかけに「入塾しよう」とは絶対に思いません。

本当に稼げる人は、飲み会で情報を拾ってくるのです。

  • 「最近こういうビジネスが上手く行ってさ~」
  • 「あの塾、あの人がバックにいるからかなりおすすめだよ。」
  • 「最近販売されたあのツール、こういうことができてすごく良いよ。」

などなど、

どの塾に入れば良いか、どのツールを買えば間違いないか、などは当たり前に情報として入ってきて、

さらに、今どういうビジネスのやり方が上手く行っているのかなどの情報も入ってきます。

しかも、そこに集まる人は、ノウハウコレクターではなく、全員が実践者

実践者は、しっかり行動を起こすので、必然的に成功のためのデータやノウハウが集まってくるのです。

行動を起こせない人はデータやノウハウが溜まってこないから、出す情報もないですよね。

情報が出せないということは、そういった集まりに参加するレベルにさえならないんです。

ここで情報格差ができ、本当の意味での格差が生じてきます。

やるかやらないかの違いは大きい

SEOの師匠曰く、

今はインターネットがある非常に便利な時代

この時代に生まれて良かったよね。

インターネットを使えば何の商売をやっても食べて行ける

だた本当に、やるかやらないかだけなんだよ。

ということを良く言われます。

本当にその通りだと思います。

やるかやらないかで、結果が随分と違ってくる時代です。

やるかやらないかで、大きな格差が生まれる時代なんです。

今この時代を楽しく生きるためのヒントは、みんなに平等に与えられています。

それに気づける人がたくさん出てくるといいな~と思います^^

スポンサーリンク



シェア・応援お願いします!

facebookページ
ブログランキング
blog-ranking-banner2